毎年は発表される税制改正大綱にうんざりっ!

令和4年度の税制改正大綱が発表されたようです。

えっ!令和ってもう4年目なの?

という驚きを隠すことができません。。。

 

税制改正大綱って、僕はあまり意識していません。

3月頭に販売される改正の本を毎年購入するからです。

 

しかし、理由はそれだけではなく、

毎年変わってしまう日本の税制に、うんざりするからです。

 

 

 

 毎年の税制改正にうんざり

僕はこの仕事をしていていうのもなんですが、

毎年改正される税制にうんざりしています。

 

ここ数年ごとに改正される賃上げ税制は改正がありすぎて、

もはや正式名称が何なのかわかりません。

 

個人では令和4年度分から計算方法が変わり、

そしてまた税制改正があるって!?

 

もっとシンプルな計算方法にしてくれればいいのに。

毎度毎度変化してしまう賃上げ税制にうんざりです。

 

 度重なる突貫工事にうんざり

平成22年度から毎年のように改正された消費税法。

 

最近では居住用賃貸物件等がありましたが、

工事のしすぎで東京の地下鉄のようになってしまい、

一般の方には非常に複雑になってしまいました。

 

もちろん、合法的にずる賢いことを考える方がいた為、

突貫工事をするに至ったのですが、

地雷がどこから出てくるのかわかりません。

 

後から工事ばかりするのなら、いっそのこと、

みんな一律で個別対応100%と願ったことも。。。

 

そもそも、悪いことを思いつくことができる法令体系が問題です。

 

突貫工事しすぎの法令にうんざりです。

 

 誰も得をしない改正にうんざり

税理士会からのメールに、税制大綱の1部分が。。

メールの内容は電子帳簿の件でしたが、

大綱の1部分のうちに、こんな文言が。。。

 

株式譲渡配当の課税方式を、市民税と所得税を統一するって。。。

 

えっ、せっかく選べるように明文化されたのに。

せっかく、有利不利判定しなくてよくなったのに。。。

 

電子取引の改正の件も同様ですが、

一体、こういうのって誰が考えるんでしょう。

 

電子取引も同様でしたが、誰も得をしない改正です。

何度も何度もネチネチ変更されてしまう法令にうんざりです。

 

 10年後はもっとうんざりしているんだろう

せっかく学習したのに、あっさり改正されてしまい。。

また覚えなくてはならない項目もあります。

 

住宅ローン減税が改正されるんですって!?

1%の方が計算簡単でよかったなあ。。。

 

今はまだ改正されても、記憶することが可能です。

 

しかし、もし自分が50歳や55歳になったとき、

サラッと改正項目を記憶できるでしょうか。

 

もしかしたら、改正があったことすら知らないのかもしれません。

また、身に付ける体力は、今よりも確実に衰えているでしょう。

 

毎年毎年、税制改正にうんざり。

きっと10年後は、今よりもっとうんざりしています。

 

 まとめ

毎年税制改正を目にする度に、??と感じる項目があります。

 

きっと国の偉い人が考えているんでしょうが、

もっと詳しく取り扱いを公表して欲しい分野も。。

 

僕は家を買うことはないので住宅ローン控除はどうでもいいですが、

利用者にとっては、いまさら感が否めないでしょうね。

 

せっかく税制改正をするのなら、

汚くしてしまった法令体系を、

一旦美しくスッキリしていただくことを願います。

 

来年もうんざりするんだろうな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。