静岡の名店 うなぎの篝火。静岡浅間神社のお参り前にうなぎの篝火で腹ごしらえ。

2021年12月末、地元に帰省した際、

商売繁盛を兼ねて静岡浅間神社へ。

 

浅間神社に入る寸前に、鰻のいい匂いが。。

ああ、この匂いは。。

 

すっかりとやられてしまい、

数年ぶりに、うなぎの篝火へ。

 

静岡間神社のお参りは、

うなぎの篝火とセットがおすすめです。

 

うなぎの篝火は 基本情報

住所は静岡県静岡市葵区安倍町16−5。

静岡浅間神社の赤鳥居のお迎えです。

 

 

お店に訪問する殆どの方は、

鰻弁当の購入のようです。

 

年末だったので、ご予約の受け取りに見える方、

またランチ弁当を購入する方がワンサカ。

 

しかし、数席ですが、店内飲食も可能。

 

 

 

僕が入店した後、続々とお客様がやってきて満席に。。。

 

店内は狭いので、早めに訪問するか、

1人でカウンター席がベスト。

 

メニューです。

白焼定食にそそられます。

 

 

 

 

白焼はワサビと醤油でいただくと、

たまらない幸福感が。。。

日本酒と一緒だと最高です。

 

そして鰻といえば、やっぱり肝吸い。

 

お吸い物も関西と静岡では、

その味付けが異なるのですね。

 

うな重(一尾+半)でも、価格は4,000円以内。

地元では、概ねどのお店でも、このお値段がスタンダード。

 

だから滋賀県や京都でうな重をいただくと、

とても割高だなあと感じます。

 

うな重は精がつくから、

その晩の夫婦生活はガッツリだよね。

 

 実食

本当は白焼定食も良かったけれど。。。

桜3,480円(特大一尾)にしました。

 

 

 

 

完璧な姿。なんて美しい。。。

はみ出る鰻がたまらない。。

 

ふっくら柔らか。

やっぱり鰻は静岡に限ります。

 

引き締まったうなぎのタンパク質と甘さ。

独特の鰻の甘さと風味は、何度食べても飽きない。

 

 

 

 

ご飯は当然つゆだくです。

もう僕は関西では鰻は食いません。

 

ああ、本当に美味しい。

うな重を存分に味わうのなら、

ご飯は大盛ではなく並盛がベスト。

 

 

 

 

うな重はご飯ではなく、鰻が主役なのだから。

 

ふんわりガツガツ喰らえる鰻は、

1年の締めくくりにぴったり。

 

1人贅沢をした浅間神社のお参りでした。

 

 まとめ

今回はうなぎの篝火を投稿しました。

 

静岡浅間神社の赤鳥居の向かえですので、

お参りについでに立ち寄ってもよし。

 

絶対に正解の鰻を喰らうことができます。

うな重はふっくら柔らか、つゆだくがいい!

 

お参りにの前に、うなぎの篝火が腹ごしらえがお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です