主夫的税理士生活。面倒な夕食は、にんにく、ニラ、豚肉鍋でお手軽に精力ギンギン。

夕食の支度はストレスになり楽しいですが、

毎日!となると、面倒で仕方ありません。

 

こなすべきお仕事と趣味の時間が重なる場合、

作業開始から洗い物終了までの時間が勿体ない。

 

野菜のオーブン焼きはほったからしで楽ですが、

焼く時間を要するから。

 

そんな時は手抜き料理。

にんにく、ニラ、豚肉鍋でお手軽にガッツリ食らいます。

 

 

簡単精力ガンガン鍋

例え仕事がやや詰まっていたとしても、

毎日1時間の筋トレ+α、ジョギング等をしています。

 

だから夕食の支度等が面倒な時も。

でもバランスよく喰らいたい。

 

そんな時は、にんにく、ニラ、豚肉鍋を作っています。

 

僕は鍋といったら水炊き。

ベース食材は、にんにく、ニラ、豚肉。

 

今晩は嫁さんと燃える!という時は、最高の食材です。

 

仕事で疲れた時は疲労回復になるし、

にんにくやニラは、豚肉と摂取すると、

アリシンが高率よく働きます。

 

ニラは少々匂いますが、にんにくは煮ると、

そこまでキツイ匂いは残りません。

 

ニラとにんにくは、ほどほどに煮込む方が良い。

あまりクタクタ、柔らかだと、

せっかくの精力増強成分が消失します。

 

豚肉150g、にんにく5片、ニラは好きなだけ。。。

ぶち込むだけだから、材料の準備をしてからでも、

15分あれば完成します。

 

冷蔵庫に余りものがあれば、

それらをガンガン投入してもよし。

 

 

 

 

椎茸、にんじん、カブ、小松菜があったので、ガンガン投入。

サクサク処理が進行すれば、20分もあれば完成するので、

早く夕食を済ませたい時は簡単鍋がいい。

 

ニラ、にんにく、豚肉をガッツリ摂取した後は、

体の大切な部分の元気がすこぶる良い。

 

この季節にお薦めの組み合わせです。

 

可能な限りシンプルな食材で

簡単だからこそ可能な限り、

余計なものは使用しないように心がけています。

 

既製品のダシは使用せず、食材の味が染み出す、

水炊きで十分です。

 

水炊きが味気ないのなら、

油揚げを入れて油分を出しても美味しい。

 

僕は鍋物を食べる場合、何もつけずにいただきます。

椎茸は味がぼやけてしまうから、

少々ポンズと一緒にいただきます。

 

ただし、椎茸は菌床栽培ではなく、

原木栽培の方が味が濃くて美味しい。

 

仕事が詰まり気味の季節には、

にんにく、ニラ、豚肉鍋の精力ガッツリ鍋がお薦めです。

 

 まとめ

簡単な食事で済ませたいですが、

お野菜とタンパク質、糖質は、

バランスよく摂取することがいい。

 

特に糖質を抜いてしまうと、

お腹が空いてしまう悪循環が。。。

 

スケジュールが詰まってしまう時だからこそ、

精力ギンギン鍋はお手軽でお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です