静岡の名店 オールド上海café1930。レトロな夜の雰囲気が素敵。オールド上海café1930は夜がお薦め。

年末年始に地元へ帰った際、

5年ぶりくらいに、オールド上海café1930へ。

 

夜はお茶とスナックのみですが、

僕はここの夜の雰囲気が大好き。

 

まるで花蓮(又は香港)の夜のような雰囲気で、

ゆっくりスナックとお茶をいただけます。

 

 

 

 

オールド上海café1930 基本情報

住所は 静岡県静岡市葵区七間町10−8。

静岡ワシントンホテルプラザの向かえ雑居ビル2F。

 

 

 

 

初めての場合は、ちょっと勇気がいるけれど、

店内は台湾(又はちょっと香港)の雰囲気。

 

南投や花蓮の茶芸館の雰囲気にそっくりですよ。

とっても素敵だわ。

 

この感じがいい。

 

 

 

 

店内は狭いけれど、この雑多な感じが、

ゆるい台湾のカフェさながらです。

 

お洒落な茶器がたくさん。

見ているだけで楽しい。

 

 

 

 

ランチ時はルーローハンもあるんですよ。

それ以外は、基本的にドリンクと軽食。

 

でも僕は、この夜のしっとりした雰囲気が好き。

 

 

 

 

 

彼女や彼氏と一緒に。。というよりかは、

1人で訪問して、ふっくり雰囲気を味わうお店です。

 

実食

メニューです。

14時以降の食べ物は軽食のみ。

 

 

 

 

 

台湾の軽食!といえば葱餅。

台湾のデザートといえば、仙草ゼリー。

 

閉店時間1時間前だったので、飲み物はポットは不可。

さすが、茶芸館の。

 

葱餅です。

豪勢な葱餅ではなく、シンプルな素朴な葱餅。

 

 

 

 

こういうですよ!台湾のスナックとは!

 

卵や海鮮、油でカリッと葱餅もいいけれど、

伝統的な葱餅とは、こういうものです。

 

2年ぶりの葱餅を味わいます。

そして森林烏龍茶と仙草ゼリーです。

 

 

 

 

器がとっても素敵。

そしてかなり高級な仙草ゼリーです。

少し黒糖シロップがかかっています。

 

 

 

 

濃い味の仙草ゼリーは最高。

とりわけ、夏場の仙草ゼリーは格別です。

 

冬はお茶と一緒にいただきます。

お茶もたっぷりと注がれています。

 

 

 

 

ホットでいただくのなら、凍頂烏龍茶よりも、

森林烏龍茶の方が香りが高くでおすすめ。

 

5年ぶりの訪問し、良い夜を過ごしました。

この先も、ずっと頑張って欲しいと願います。

 

 まとめ

今回はオールド上海café1930を投稿しました。

 

19時までの営業ですが、夜1人で訪問し、

ゆっくりお茶とデザートをいただくことがおすすめ。

 

台湾の古い茶芸館の雰囲気を楽しめます。

お茶は絶対にホットがおすすめ。

 

静岡で夜ゆっくりするのなら、

オールド上海café1930がお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です