手指の荒れには未精製シアバター。ハンドクリームより潤う。べたつきなし。ヌルヌル感なし。

30歳を超えてから老化現象なのか、

手や指が乾燥してカサカサするように。

 

デスクワークをしていると、

カピカピの手と指は、とっても不快感。

 

しかし僕は、べたつくハンドクリームは苦手。

そこで昨年の秋以降からは、

未精製シアバター使うようになりました。

 

ハンドクリーム嫌いにとって、

未精製シアバターは最高です。

 

 

 クリームを体に塗ることが嫌い

20代になり、ジムに行くようになって以降、

とりわけ冬場、運動中に体が擦れる部分が痒くなりました。

 

明らかな摩擦による乾燥による影響ですが、

僕はクリームを塗ることが好きではありません。

 

リップクリームもなんか嫌。

ベタベタするような感じがして、不快なのよね。

 

ボディークリームを体に塗った場合、

気になって眠れやしません。

 

体のかゆみについては、7年前程からべたつかない、

ペパリン類似成分クリームによって解決。

 

手や指用のハンドクリームは、ややお高いけれど、

ほぼべたつかない、Aveneのコールドクリームを10年程愛用。

 

確かにAvene製品は品質が素晴らしく、

潤うのに見事にべたつかない。

しかし、手を洗うと当然ヌルヌルします。

 

そこで未精製シアバターを進められ、

試しに買ってみたら最高でした。

 

 未精製シアバターは最高

シアバターはずっと前から知っていました。

 

しかし、精製されたシアバターは潤いが鈍く、

シアバター配合クリームっは、非常にべたつきます。

 

だから大嫌いだったのですが、

未精製シアバターを推薦され購入したら、

サラサラしてべたつかない!

 

未精製は独特の匂いがして、冬場は硬い。

でも油だから、荒れた指先にすっと馴染みます。

 

 

 

 

ゆっくり手や指で溶かしていくと、

サラッとしてべたつきません。

 

天然の油成分が、しっかり皮膚を保護し、

荒れた指先を潤してくれます。

 

水で手を洗った際も油なので、ヌルヌル感よりも、

水をはじく感覚で使いやすい。

 

独特の匂いが好きかどうかに依存しますが、

ハンドクリームが苦手な僕にとって最適。

 

乾燥しやすい足の爪にも使用しています。

 

最近では嫁さんも僕の真似をし、

未精製シアバターを使っています。

 

嫁さんは元々、某有名ブランドのシアバターを使用。

 

しかし、精製されたものと未精製では、

断然、未精製シアバターの方が潤うと申しています。

 

 未精製シアバターの難点

しかし、何にでも難点があるものです。

 

未精製シアバターは殆ど缶で販売されており、

出先へ持ち運ぶには、ちょっと面倒。

 

暖房がかかっていない冬の室温では、

硬くなってしまうこと。

 

風呂上がりに体に塗ろうとした際、

クリームのように、さっと塗ることはできません。

 

また保存料等が入っていないので、

早めに使い切る必要があります。

 

そして夏の気温では、ドロドロになります。

 

しかし、やっぱり未精製シアバターは利点が勝る。

もう未精製シアバターは手放せません。

 

 まとめ

未精製シアバターは、

天然精油配合のものも販売されています。

 

あの独特に匂いが苦手な場合は、

精油配合の商品がいいのかもしれません。

 

ハンドクリームのヌルヌル感が苦手な方は、

未精製シアバターがお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。