3年間の記帳指導を通して実感。基礎力は何よりも勝る。

今週から最後の記帳指導の週間に。

 

来年は申し込む予定はないので、

定期的に直接納税者と関わる最後の機会です。

 

開業時から3年間の記帳指導を通して、

よくわかった事実があります。

 

1つの基礎なる定型を身に付けることは、

当たり前ですが、改めて大いに大切。

 

定型さえ身に付けることができれば、

上達は早いし、何より応用できます。

 

 

定型を身に付けると応用が可能

記帳指導を担当していると、

必ず会計仕訳の誤りに遭遇します。

 

誤りを削除するパターンは概ね3通り。

 

①誤った会計仕訳を削除し、新たに正しい入力する方。

②誤った会計仕訳を上書き修正する方。

③反対仕訳を起こして、新たに正しい仕訳を入力する方。

 

僕は新人会計事務所職員の時、

①と②の手法を行い、ボスに激怒されました。

その理由は、もはや言うまでもありません。

 

圧倒的に、①、②の方法をする方が多い中、

簿記に精通していない新規開業者の方でも、

面倒な③の方法を行う方が必ずいます。

 

簿記嫌いの僕が言うのもどうかと思いますが、

③の方法を行うということは、

簿記や会計処理の定型=基礎が身についている方です。

 

過去3年の記帳指導を通し、

例え簿記に精通していなくても、

1つの基礎となる型を知っている方は、

記帳指導も非常にスムーズで上達が早い。

 

考えてみれば、それは当然。

お料理1年生に登場する、基本の料理を身に付ければ、

どんな風にでも可能性は無限に広がります。

 

煮る、焼く、蒸す、揚げる基礎を知らないと、

調理の順番すら、想像もできないと聞きます。

 

過去3年の記帳指導を通し、

改めて基礎を知る、定型を学ぶ重要性を感じました。

 

定型を身に付けることの重要性

自分の職業であれば、基礎を身に付けることは、

どんな職業の方でも思うでしょう。

 

しかし、どうでもいいこと(経理などや趣味など。。)の基礎は、

面倒だし時間がかかるし、懸念されがちに。

 

ある程度の定型を自分のものにしないまま、

クラウド会計を使用する方は、ごまんといるらしい。

 

一方で、それまで手書帳簿の方や、

会計仕訳を入力されていた方がクラウド会計に切り替えると、

驚くべき合理化になる事実を目にします。

 

基礎や定型を知っているからこそ、

本来の合理化を実感できているんでしょう。

 

記帳指導はあくまでも指導であり、

その主体は納税者。

 

有意義になるかどうかは、納税者次第だと、

僕は勝手に考えています。

 

ただし、記帳指導に臨むにあたり、

1つの基礎となる定型が大切であることを、

可能な限り伝えることができれば思い、実施してきました。

 

今回の記帳指導では、ほぼクラウド会計利用者。

銀行やクレジットカードの連動仕訳は大正解。

という認識の方が殆どでした。

 

売上が2重計上でも、クラウド会計だから正解。

売上がもれていても、それはきっと正解。

現金残が-3,000,000円でも、何が悪いのかわからない。

 

税務支援の在り方も、時代に即して、

もっと見直されるべきなのでしょうね。

 

税理士試験は礎を身に付けるのに最適

僕は決して税理士になりたかったわけではありませんが、

税理士の勉強は好きな方でした。

 

税理士試験の勉強をして良かった事は、

どんなことも、基礎が大切とわかったことです。

 

ラスト5科目目の法人税の受験の際、

その勉強方法に迷いは一切、ありませんでした。

 

きっと、誰もがそうなのだと思います。

 

理論(条文)を頭に叩き込む勉強法に対し、

疑問に感じる方も多いようです。

 

今どき時代遅れ。暗記しても意味がない。

もっと意義がある勉強や試験問題がいい。

という意見をよく耳します。

 

条文をただ暗記という作業と捉えてしまうと、

相当な面倒でつまらない行為かもしれません。

 

しかし、1つの基礎となる定型を身に付けるとするのなら、

条文を自分のものにするという過程は、

もはや、暗記という作業や範疇にはならないはずです。

 

理論と言われる条文は、確実に1つの定型であり、

基礎となる条文が自分の血と肉になっていれば、

判断に迷った際、いつでも基本に立ち返ることができます。

 

だから税理士試験の勉強は、

定型である基礎を自分のものにする為の、

最適な適正試験だと感じます。

 

 まとめ

雪の怖さを知らない僕は、

1/3にロードバイクに、走行できなくなり立ち往生。

 

1/2の初乗りより雪も解けていたので、

遠くまで行けると思ったら、休暇村を超えたら、

近江八幡から一面真っ白で走行できない。

 

そして一昨日は雪の上をスニーカーで歩いて転倒。

雪用の靴があることも知りませんでした。

 

やっぱり基礎って大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。