帯状疱疹後神経痛がようやく消失。完治するまで半年以上かかる。

昨年6月に帯状疱疹を患った際、

その2週間の経過を投稿しました。

 

今現在は、その投稿は僕のクダラナイブログの

人気投稿になっています。

 

しかし、その後、帯状疱疹後神経痛に。

そしてようやく今年になり、神経痛が消失。

 

完治するまで半年以上かかりました。

 

 

地味に痛い帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹になった後、

絶対に避けなければならない事は、

帯状疱疹後神経痛と言われています。

 

発症後、3日間以内に抗ウイルス薬を投与すれば、

跡が残らずに治ると言われていますが。。。

 

僕は5日目に通院した為、跡が残りました。

(目立たない場所ですが。。。)

 

そして痛みが消失した7月半ばから、

帯状疱疹後神経痛に移行。

 

日常生活や日々の運動、サイクリングには、

なぜか全く支障がありません。

 

しかし、床に就く時と起き上がる際、

右腕に力がかかる時に、

痛みが酷かった右腕の神経が痛むのです。

 

帯状疱疹の絶え間ない剣山でガンガン刺す感じや、

熱した油が絶え間なく飛んでくる苦しみではありませんが、

毎日毎日、起床就寝時、地味に痛いのです。

 

そして不幸なことに、

夜の仲良しタイムの最中も。。。

 

せっかく盛り上がった最中、

不意に床に右腕をついた時に、

「あいたたた。。。。」

という情けない姿が。。。

 

「帯状疱疹神経痛が酷い方は、痛み止めが必要」

「その程度で運が良かったね。」

と医者に言われましたが、地味に面倒な痛みです。

 

しかし、最近、そいえば!あの痛みが無い。

ことに気付きました。

 

半年以上経過して、ようやく神経痛が無くなりました。

 

帯状疱疹はもはや高齢者の病気ではない

確定申告書に資料回収の際、

1年ぶりに会うお客様にこの1年の経過を聞くと、

息子が帯状疱疹になった。というフレーズが。。。

 

他にも、30代の旦那が帯状疱疹になった。という方も。

 

60代以上の高齢者がかかる病気。

という情報は、今どきもはや誤まった情報だそうです。

 

医者に聞いた所、

今の時代(水疱瘡にかかる子供がいない。)、

20代、30代でも普通になります。という回答が。。。

 

僕の帯状疱疹後神経痛は、

日常生活では全く支障がなかったから、

本当に軽い神経痛でした。

 

しかし、痛くない!と自覚するまで、

半年以上経過しました。

 

神経痛に移行しないためにも、

針で刺す痛み、炒め物油が飛んでくるような痛みの発疹が

出現した場合は、迅速な皮膚科受診がお薦めです。

 

 まとめ

帯状疱疹は本当に痛い。

痛み止めは効く気配がなかったので、

本当につらかった記憶があります。

 

30代で発症する方が非常に増えていると聞きます。

明らかにおかしな発疹は、絶対に迅速な通院が吉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。