電子申告は本当に提出できているのか?ネット精通者は不安な気持ちを理解しよう。

「イメージデータが本当に提出されているかわからないなんて、

 (不安に思うだなんて)あほだなあ。」

先日、電車でそんな会話を耳にしました。

 

方法は同時送信、後日送信の2パターンですが、

初めてチャレンジした時は、確かに不安でした。

 

「送れていなかったどうしよう。。。」

僕は何度もメッセージボックスを確認します。

 

「送れていないわけないじゃん。バカだなあ。。。」

確かにネットに精通した人間は、そう思うよね。

 

でも僕は弱者をバカにする人間が大嫌いです。

 

不安な気持ちを経験したら、

絶対に忘れてはいけない。

 

本当に提出できているの?

会社員の時、勤務していた事務所で、

イメージデータ送信を行いました。

 

通常だったら郵送していたところ、

期限の問題があったからです。

 

「本当に送れているのか?」

「電話で提出できたか確認した方がいいいのでは?」

とボスは畳みかけてきます。

(まあ、電話なんてしなかったですが。。)

 

今どき電子申告を完了させ、

メッセージボックスでエラーがない限り、

「本当に送れているのか?」

と疑問に思う方はまずいないでしょう。

 

ネット環境が当たり前の方にとって、

「本当に送れているのか?」

という疑問は愚問です。

 

ただ、「本当に送れているのか?」

その気持ちは何となくよくわかります。

 

だってさ、みんな昔はそうだったじゃない。

 

本当に予約できているの?

2001年初めの大学受験の際、

受験の宿の予約を自分でとりました。

 

静岡では今や懐かしい、

オレンジツアーまで行き、

代理店で東京の宿をなぜか2泊。

(1日は遊んできた。)

 

そして名古屋のホテルは直接電話しました。

 

この頃はこれがスタンダードです。

航空券等も宿の手配も、

直接電話するか代理店にオーダーした。

 

しかし、2年後の大学2年になった時は、

ネット予約サイトが増え、ネット予約をするようになり。。

 

その当時は、オンラインなどと言いませんでした。

 

その後急速にネット予約サイトが拡大し、

大学4年にもなると、予約サイト利用が普通になりました。

 

20歳の時に彼女と旅行で宿に泊まる際、

ネット予約をしたのですが、僕はビビっていた。

(ラブホではなく厳粛な伊豆の宿です。)

 

到着までドキドキ。

不安の要因は、「本当に予約できているのか?」

 

アナログ予約からネット予約を初めて行った方は、

誰でも経験があるかもしれません。

 

僕が学生の時の2001年から2004年は、

ネットショップがようやく出現してきた時。

 

アナログを経験した方なら、

誰だって、「本当に○○できているのか?」

という気持ちを理解できると思います。

 

 もうちょっとわかってあげればいいのに

誰だって必ず情報弱者になります。

今最先端でも、いずれは時代に追いつけなくなる。

 

お金を稼いだら、申告する必要がある。

会社員を辞めたら、国保と国民年金に加入する。

といった常識を知らない人は沢山。

 

僕がたまたま知ってるのは、

この仕事をしているからです。

 

自分がいざ情報弱者になった時、

どんな思いをするのでしょうかね。

 

「本当に送れているのか?」

そう思う人間が側にいたのなら、

安心感を与える接し方をすべきです。

 

 まとめ

そして僕は、給与が増加した税額控除の送信を。。。

 

「e-taxは無理無理。手書きしましょう。イメージデータ送信しましょう。」

「e-taxソフトは自動計算されないよ。ファイト!」

 

こういう時、所得税のソフトが欲しいと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。