今年で税務支援の参加は最後。石の上にも3年は強ち間違いではない。

昨日は1日商工会の確定申告の税務支援。

来週もまた1日1人で入っています。

 

今年も商工会の当番も自分から申し込み、

今回でで3回目ですが。。。

 

自分から立候補する税務支援は今年度が最後。

4月以降は敢えて参加しません。

 

 

税務支援に進んで参加

2019年4月からの開業3年間、

可能な限り、自分から税務支援に参加しました。

 

租税教室や市役所の税務相談、

確定申告の税務支援、記帳指導など。

 

全てが自分にとって良い経験になり、

楽しくも嬉しくも悲しいこともあり。

 

開業初年度の税務支援から、

毎年、確定申告を受注いただいてる方もいます。

 

会計事務所勤務をしていると、

自ずと会計事務所がスタンダードになっていきます。

 

固まった脳みそを洗い流す意味でも、

税務支援は有用だと思います。

 

しかし、今年の4月以降は、税務支援に参加しません。

 

僕の立場で生意気ですが、

僕にしかできない仕事に従事します。

 

誰がやってもいい仕事

昨日は相談者はおらず、ひたすらe-tax送信。

 

e-tax作成コーナーは慣れているので、

不慣れはありません。

 

件数は15件程でしたが、

イチイチ委任登録設定を行うため、

毎年それなりに神経を使いました。

 

誰かが必ず従事すべき仕事であり、

電子送信だけであっても、

意義がある仕事なのかもしれません。

 

しかし、誰が行ってもよい仕事です。

 

来年度は、もう少し、自分しかできない事に、

チャレンジをしたいという思うもあり、

税務支援は手を挙げない予定です。

 

税務支援は学びが一杯

とはいうものの、申告書等をみているだけでも、

その人の今までの軌跡が感じられます。

 

ご商売をされている高齢の方で、

手書きで青色決算書を作成する方も。

 

僕はそういうの、好きなんですよね。

 

プリントアウトでは感じえることができない、

その人の今までの温度が伝わるからです。

 

売上の内訳は、・を揃えて真っすぐに書いてある。

 

決算書の数字は、□のマスの真ん中に、

整然とキッチリ書かれていました。

 

ペン先は震えていますが、

力強い意志が感じられる筆圧は、

長年真面目に事業を継続されてきた証拠です。

 

だから確定申告時期の商工会等の税務って、

凄く楽しみにしていました。

 

そこに触れることができるだけで、

自分の中に変革が起きてきたからです。

 

これからはそういう人を

笑顔にしていきたいと思う。

 

こんな事を投稿すると、有難いことに、

電子化・競争の時代に何を青臭いことを。

と、よく伝言をいただきます。

 

だったらどうだってんだよ!

と僕は強く言い返します。

 

楽しい税務支援の3年間でした。

 

 まとめ

記帳指導終了のレターパックを送る際、

担当者に「今回で最後です。」とお手紙を書きました。

 

「ああ、来年からやめてくれて嬉しいです。」

という返事がなくて安心しました。

 

石の上にも3年という言葉は、

強ち間違ってはいないと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。