主夫的税理士生活。ブログの利用法は自分次第。辛い・不安・悩みは時に第3者に晒してみてもいい。

金曜日に妻がいつもより遅くに帰宅した際、

難しい顔をしていました。

 

仕事が首尾よく進まず、この土日は出勤。

何度か問いただしたところ、

ようやく、仕事で悩んでいると口にしました。

 

悩みや不安を抱え込むタイプの人間って、

僕の周囲に意外に大勢います。

 

どうせ辛さ・悩み・不安など消化できないのだから、

抱え込まず、第3者に自分を晒してしまえばいいんです。

 

 

夫婦やパートナーは仲良くが一番

 

第3者に口にすることで辛さは解消される

僕は自分で消化できない辛さ・悩み・不安は、

第3者に対して口にしたり、

このクダラナイブログに投稿(文章化)します。

 

適切な言い方ではありませんが、

弱みを他人に晒す事で、楽になるからです。

 

言いたくはないけれど、敢えて口にすることで、

悩みや不安を解消する方法。

 

若い頃の通院中、教わった方法です。

 

妻からは、

「いやいや、頭の中が中学生のあなた(オレ)に相談しても解決しないでしょ。」

とも反論されてますが、

口にすることで、少なからず気分は晴れます。

 

口に出すこと、文章化することの効果は、

根本的な解決が目的じゃないのよね。

 

しかし、心がスッキリすると、

光りが導かれることも多々あります。

 

自分の中にガッツリ抱え込んでしまう人は、

第3者に敢えて弱みを口にするとスッキリします。

 

特段、辛いことは、口に出して分かち合う事がベストです。

 

文章化して反芻することも有効

第3者に口にするのでなく、

文章に書き出してみることも、

大いに有効と教わりました。

 

文章でも箇条書きでも、

悩み・不安を書き出してみると、

その正体はクッキリしてきます。

 

僕は当初、馬鹿馬鹿しい方法だと思ったのですが。。。

 

意外にも文章化してみると、

その不安の正体がクリアになり、

心の中がスッキリしとするものです。

 

僕はしばしば、心のバランスが乱れた際、

一時的に睡眠も乱れます。

 

昨年7月も約1か月程、

布団の中で寝付けない日々が続きました。

 

そこで有効になる方法は、

手書きの睡眠日誌です。

 

夜床に就いた時間から朝離れた時間まで、

寝ていた時間や覚醒した時間を色で塗ります。

 

馬鹿馬鹿しいアナログな方法ですが、

1時間、2時間でも寝ている色がつくと、

 

「あっ!しっかり眠れている。」

と暗示にかかり、8月の頭にはすっかり改善しました。

 

不安や悩みは文章化も有効です。

 

辛さを他人に晒してもいい

僕はこのブログでよく悩み等を書きます。

 

士業?ブログで個人的な事を書くなんて。。

意見は様々ですが、自分次第じゃないのかなと。。

 

ここ数カ月の悩みというと、

ある状況に遭遇した時の、

汗、震え、動悸、心臓のドキドキです。

 

先日、確定申告集合会場では、

住宅ローン控除ブースの当番でした。

 

住宅ローン控除というと、

年齢は20代後半から30代が殆ど。

 

そして、夫、妻、小さな子供の3人で、

申告会場に見えられる方も多数。

 

ちょうど自分と同じ程の年齢のご夫婦で、

子連れ3名のご家族を担当した際の事。。

 

ま、まずい、背中と額に汗と動悸が!

心臓もドキドキ。

情けないのですが、やや脚もガクガク。。

 

ここ数カ月、小さなお子様を連れたご家族と接する際、

しばしば起こり得る現象です。

 

以前から出現する現象ですので、

心頭滅却すれば治まりますが、

その瞬間、切ないことは言うまでもありません。

 

その状況に陥った際の疲労感は甚だしい。

 

しかし、一生引き連れていくことなので、

ため込んでしまっても、仕方ありません。

 

どうせため込んでいても、

解消しないし、変わる事もないのだから。

 

だったら言葉や文章にして、ため込まないよう、

心掛けています。

 

その日の内に、妻が仕事で疲労していようとなかろうと、

「こんなことがあったんだ。」

と告げるようにしています。

 

時には、自分の媒体で、辛さを晒してみると、

すっきりします。

 

辛さや不安、悩みは、口にしてしまった方が無難。

 

夫婦ならお互いをもっと信頼し、

家族なら一層躊躇わず相談し、

ブログなら、時には晒してみることもお薦めです。

 

 まとめ

概ねこのブログは1500字程度ですが、

たったその程度でも、文章化してみると、

自分の考えや思いがハッキリするものです。

 

文章化することで、自分を俯瞰し反芻する事が可能です。

 

辛さ、不安、悩みは、第3者に口にしたり、

他人に晒してみると落ち着きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。