ぶっつけ本番の税務支援でいい汗をかこう。

今日は朝から2日目の商工会の税務支援に。

 

余裕しゃくしゃくでフワフワした気分で到着すると、

7名×45分の相談予約が。。

 

な、7名?

いい汗をかいてきました。

 

 

 

栗東のイチジクは何度購入しても美味しい

 

 楽しいぶっつけ本番

商工会の市役所、商工会議所の税務支援の利点は、

相談者とぶっつけ本番で挑む所です。

 

普段行っている個別税務相談は、

事前に相談内容を詳しくうかがい、

質問事項等に回答してもらうので、

万全の体勢で挑みますが。。。

 

何がやってくるかわからない相談では、

それなりに緊張するものです。

 

ぶっつけ本番の前の、

「何を相談されるのだろう。」

というビクビクする感覚って、割と好きです。

 

時には面白く興味深い難問も登場し、

場数を踏む重要性を再認識しました。

 

先日は税務支援は今年で最後。

とのつもりでしたが。。。

 

ぶっつけ本番のまたとない機会は、

今後も自分にとって、良き経験値になると確信しました。

 

考え方が少し変化し、機会が許すのであれば、

商工会等の申告時期の税務支援は、

来年も参加することにしました。

 

心がアンバランスの為、本日は500字で終了です。

 

 まとめ

「本則課税の消費税申告書の手書き方法を教えて!」

という事態に遭遇し、一緒に試算表を見ながら

手書きで消費税申告を作成。

 

当然ですが、手書きでイチから消費税申告書を作成することなど、

僕にとっては容易い朝飯前です。

 

しかし今日は、久しぶりにとてつもなく疲労しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。