2カ月半ぶりにロードバイクでサイクリング。長距離の過度な疲労感が心地よい。

昨日3月16日は、2カ月半ぶりに、

ロードバイクでサイクリング。

 

張り切って寄り道しながら、

長浜まで往復130キロ程。

 

待っていてくれたような、

絶好のサイクリング日和でした。

 

特別な事は全くなく、

ただひたすら同じ路を往復しただけ。

 

それでも心がスッキリします。

 

 

 

誰も居ないと、

写真撮ってもらえない事が難点です。

 

ただ行って帰ってくるだけが楽しい

快晴の朝7時に草津の自宅を出発し、

長浜の黒壁到着は11時半。

 

行きも帰りも同じ路を通り、

自宅に帰宅したのは16時。

 

何もせず、ただ行って帰って来ただけ。

 

 

温かいので、帰りの午後は人にすれ違いますが、

平日の朝から正午までは、全く人が皆無。

 

誰もない中を走行って、本当に気持ちがいい。

 

 

 

130キロから140キロのコースは、

慣れてもそこそこ疲労します。

 

ただ走行するだけなので、

疲れる為だけで本当に馬鹿馬鹿しい。

 

しかし、そのただ走るだけの時間は。

心身が浄化される思いです。

 

確定申告後のリフレッシュには、

最高のサイクリングです。

 

疲労感が心地よい

ジム通いにも言えることですが、

僕が好きなサイクリングの魅力の1つは、

その後の適度~やや過度な疲労感。

 

ジム後の疲労感とど同様に、

人間は疲労感を、心地よいと感じるようです。

 

会社員を止めて以降、

仕事で肉体疲労してウトウトする。

といった現象を経験していません。

 

日々精神疲労ならありますが、

夕食後、気持ちよくウロウロできる肉体疲労は、

この3年経験していません。

 

先日は隣の部屋からいびきが。。。

23時頃には、妻がテーブルでウトウトいびきを。

 

僕は会社員の肉体疲労感を感じる事はないから、

羨ましいなあと。。

 

何か一区切りついた時は、

長距離を走行する疲労感が心地よい。

 

100キロ以上を信号なし、坂道なしで、

スイスイ走るのなら、

滋賀県がお薦めです。

 

 まとめ

昨日はすっかり温かく、

シューズカバーが不要でした。

 

彦根付近は午前中はやや寒かったですが、

午後は顔を覆うカバーも不要。

 

琵琶湖の水もタップリ波打っていました。

 

2カ月走行しないだけで、

こんなにも季節が変わってしまい。

 

来年は1月、2月は業務を減らそうと決意しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。