静岡の名店 焼津の地魚定。地魚定は珍しい赤酢のシャリ。焼津港に来たら海鮮丼ではなくマグロを食え!

静岡へ観光に来たら焼津港へ。

 

焼津駅はちょっと寂しいけれど、

焼津港周辺は、威勢がいい飲食店が沢山。

 

焼津と言えばまここ!地魚定。

 

〇〇映えする海鮮丼なんて、もってのほかだ!

焼津へ来たら、マグロを食べましょう!

 

 

 

 

地魚定 基本情報

住所は静岡県焼津市中港2丁目4−18。

焼津駅より15分程度。

 

10年ぶりくらいに降りた焼津駅前は、

かなり寂しい姿でしたが、

周辺は、威勢がいい魚料理やお寿司屋さんも。

 

 

 

平日開店前から、10名程並んでいました。

開店前から並ぶか、開店から1時間程ずらして訪問するがベスト。

 

1人だったのでカウンター席です。

ええ、寿司屋カウンター席は慣れましたよ。

 

 

 

カウンター席は店員さんの顔がわかるから素敵。

カウンター席最高。

 

GW中の平日(5/6)、

メニューはオススメと本日メニュー。

 

 

 

周囲を見渡すと殆どの方が、

海鮮丼や特選握り。

 

海鮮丼って、マグロって数切れじゃん。

特選に握りも、マグロって数切れじゃん。

 

焼津や清水に来たら、

海鮮丼や特選握りではなく、

マグロをいただきましょう。

 

そしてここのお店の特徴は、シャリが赤酢!

シャリがほんのり赤いです。

 

 

通常の酢と比較すると、酢の匂いはマイルド。

 

また、酢特有の酸味もマイルド。

だから、ネタの味がガツン!と感じられます。

 

赤酢の寿司は、今は高級です。

 

 実食 

南鮪握り(下段)とびんちょう鮪(上段)です。

 

 

 

これです!

これがいいんです。

 

南鮪はこってりした脂。

 

 

 

しかし、ねっちょりしていないので、

お腹がもたれることがない。

 

 

 

赤身とトロの中間のようなコッテリとしたトロミ。

ああ、マグロの旨みがグングン口に広がります。

 

適度な柔らかさの赤身を噛みしめると、

脂の赤身が口全体に広がります。

 

直ぐに溶けてしまう大トロでは味わえない。

 

びんちょうマグロです。

かなり柔らかでコッテリ感があり、

ほぼビントロに近い。

 

 

 

南鮪との赤身といただくのなら、

淡い色が美しいびんちょう鮪が最適。

 

 

 

トロけていきます。

南鮪よりもトロけていきます。

 

赤酢効果もあり、魚の味がダイレクトに伝わります。

ああ、マグロって本当に美味しい。

 

〆は寿司屋の厚焼き玉子。

このね、甘い卵がね。

美味しいよね。

 

文句が無い断面よね。

〆に必ずいただきたいよね。

 

 

やや甘さのある厚焼卵って、

白いご飯より寿司飯によく合います。

 

更に赤酢だとそれほど酸味が強くないから、

卵の甘みが酢で潰されません。

 

本当においしい。満点満点。

 

 まとめ

今回は焼津の地魚定を投稿しました。

 

せっかくだから、海鮮丼や特選握りではなく、

鮪だけをいただくのがベスト。

 

複数人なら、マグロづけや、生桜えびと一緒がオススメ。

焼津に来たら、地魚定がオススメデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。