おいしい広島プリン コリタ喫茶。これぞザ・ハード系プリンの王道。甘いカスタードが染み渡る。

喫茶店で食べたいデザートというとプリン。

プリンやハード系が正解です。

 

ハード系プリンは個性があって素晴らしい。

 

コリタ喫茶のプリンは、

正にザ・王道ともいえるハード系プリンです。

 

 

 
 

 コリタ喫茶 基本情報

住所は広島県広島市中区広瀬北町2−5。

広島はいいですね。

 

落ち着きがあるカフェ!ではなく、

喫茶店が多くてとっても素敵。

 

 

 

いいわね。手書きのメニュー。

きっと優しそうな店主なんでしょうね。

 

 

 

店内は広々解放感があります。

奥にカウンター席もあるので、

ランチ時はカウンターがいいね。

 

カウンター席の椅子も背もたれがあるから、

お客様の事をしっかり考えている。

 

 

 

 

スタイリッシュなカフェのカウンター席は、

背もたれがなかったり、

背もたれが無いに等しい椅子が多い。

 

背もたれがない椅子って、

全くリラックスできない。

 

内装も素敵。

うるさくない、落ち着いてゆっくりできる

雰囲気の演出っていいわね。

 

 実食

コーヒーとプリンをいただきます。

 

ああ、温かみがあるカップ。

喫茶店の楽しみの1つはコーヒーカップ。

 

 

 

 

素敵なコーヒーカップが楽しめるのも、

喫茶店ならではの楽しさ。

酸味が少なく苦みと甘みがよし。

 

プリンをいただく時は、

酸味<苦み+甘みがあるコーヒーがベスト。

 

お目当てのプリンです。

素敵。

 

 

 

 

少しとろけたホイップクリームが、

プリンの可愛らしさを演出しています。

 

このややイヤラシイ感じがいいのよね。

 

 

 

 

プリンのための器の浸るキャラメルソースは、

何んとしても飲み干したい!

 

しっかりしたハード系プリン。

中も柔らか過ぎず、堅すぎず、

適度な柔らかさとハード系の弾力があります。

 

 

 

 

 

トロリン系ではないので、

カスタードの味わいがより濃厚。

 

卵とキャラメリーゼの組み合わせによる、

あのプリン独特の一体感を感じます。

 

 

 

 

ハード系プリン+ホイップクリームで、

更に異なった味わいに変化。

 

濃い卵の風味がほんのりマイルドに。

 

ああ、おいしい。

広島プリンはおいしい。

 

広島といえばお好み焼きではなく、

プリンだと認識してます。

 

 まとめ

今回は広島のコリタ喫茶を投稿しました。

 

中が適度な柔らかさと堅さの、

黄金バランスのハード系プリン。

 

食後のデザートでも、おやつにも最適。

コーヒーも最高に旨いから、

3時のおやつに訪問するがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。