読者の質問コーナー。ゲイはゲイを見分けることができるのか?ゲイレーダーは存在するのか?

5月に相方と地元の純喫茶へ訪問した際、

チラッと僕らを見た1人の男性。

 

見返したら目を逸らされましたが、

僕の中のゲイレーダーがピピピっ!と反応。

 

ゲイはゲイを見分ける事ができるか否か?

よく問われますが、イエス、アイ、カン。

 

ゲイレーダーを取得すると、

8割方判別可能です。

 

 

 

 

昨日の夕食。

昔好きだった男性が、

オーストラリア英語だったので、

以来僕もcanの発音をカンと言うようになりました。

 

 ゲイにはゲイだとばれる

大学は若者の出会いの場。

 

アルバイトも出会いの場。

 

いかがわしい僕は、

1年、2年の時の7月8月は、

夏休みをプールの監視員のバイトに費やしました。

 

そりゃ決まってるじゃない。

健康なメンズ観察です。

 

友人からは犯罪だ!と問われましたが、

ノーマルなメンズは女性が楽しみでしょ。

 

対象物がメンズというだけで、

実質的に思考回答は同じ事です。

 

その頃には下半身の変化の予兆があると、

心頭滅却によりコントロールが可能に。。。

 

が、他の大学のアルバイトの方に言われました。

「お前、ゲイだろ?」

 

その頃から、ゲイレーダーがある事に気付きました。

ゲイにゲイだと気付かれるのです。

 

ゲイレーダーは自然に取得可能

僕が初めて新宿2丁目に行ったのは19歳の時です。

 

写メール!が一般的になり、

iモードやezwebが普通になった頃、

まだまたアナログ対応する他ありません。

 

地方ゲイは未知の世界にドキドキ感を抱えながら突入。

そういう方も多かったのだと思います。

 

そして2004年にミクシィが登場し、

SNSで繋がる事が容易に。。。

 

元々人見知りする方なので、

それ程多くの方と仲良くなったわけでもありません。

 

いわゆる、2丁目のクラブでみんなでワー!

という事も好きではありません。

というかかなり嫌いです。

 

地元でも多くのお仲間がいたわけでもありませんが、

同じような方と接していると、

徐々にレーダーが形成されていきました。

 

「あれ?この人もしかして。。」

と、ピピピっとゲイレーダーが響くようになりました。

 

ゲイレーダーは自然に形成されます。

 

わかりやすいイメージは、

呪術廻戦の領域展開です。

 

相手の雰囲気領域に入った際、

流れる空気の方向が突然変化し、

ゲイレーダーが発動されます。

 

 瞳と眼差しに注目します

僕の現役のゲイレーダーは、

 

目、指先、飲み物を飲んだ後のしぐさに反応します。

特に目は非常に高い確率で判別可能。

 

ゲイ特有のキラキラ感、可愛らしさ感、

優しい瞳、澄んだ瞳、真っすぐな眼差しに反応します。

 

図体がでかくむすっとした方であっても、

その瞳の奥のキラキラ感と優しさを、

覆い隠すことはできません。

 

ゲイは一瞬でそこを見抜きます。(多分)

 

長年の自己の抑圧という修行になり、

相手を見抜く能力を獲得したのです。

 

澄んだ瞳から発せられる真っすぐな眼差しは、

独特の気流を生じさせています。

だからレーダーが反応するのです。

 

ノーマルな人間には、絶対にわからない。

ゲイレーダーはゲイだけが保有するのです。

 

少し前ですが、京都で高校生くらいの

男性カップルをみました。

 

はたから見ると友人同士の買い物ですが、

お互いを見つめる眼差しが、

完全にレーダーが発動する恋人同士でした。

 

コーヒーや紅茶を飲む仕草がポイント

僕はよく、コーヒーや紅茶を飲んだとき、

カップを置くときの仕草に反応します。

 

カップを指でもって口に運び、

飲み終えたら再び指でカップをもち、

テーブルのお皿の上にカップを置く。

 

口、手、指を使う仕草、

カップを口に運ぶ時の仕草、

カップを置いた時の瞳の目線は、

レーダーの発動に非常に適しています。

 

一連の仕草のどこかに特有の動きがあり、

僕は判別しやすいと思っています。

 

ガタイがいいゲイの方であっても、

コーヒーや紅茶のカップを扱う仕草は、

ノーマルな男性とは異なります。

 

優しい滑らかな領域展開があるのです。

 

さらっとカップを掴む指使いは、

ゲイの領域展開そのもの。

 

ゲイレーダーの取得要因は悲しい

僕の相方もレーダーを持っています。

 

よく外出中、メンズウォッチングをしている時、

オレ「あの人さあ。」

相方「オレも思った。」という事があります。

 

レーダーの形成は、

長年の自分の抑圧から生じるのでしょう。

 

ゲイと発覚することが何よりも恐ろしく、

常に周囲の導線を気にしている方も多い。

 

実際の社会では、オープンにする方よりも、

隠している方の方が多いはずです。

 

僕自身も高校生になったころから、

絶対に周囲に気付かれないよう、

細心の注意を払ってきたつもりです。

 

特段みんなで入浴する際は恐怖の時間。

あたかも何事もないように振舞います。

 

絶対に発覚する事がないよう、

常に股間からタオルを離してはいけない。

 

膨張状態なんて見られたら即死です。

 

絶えず周囲を気にし、

冷静を保つことに夢中です。

 

ノーマルな男性でいうのなら、

1人で女湯に入っているようなものです。

 

特に付き合った女性に対しては、

最大の注意をしてきました。

 

その為には常に観察と嘘の整理整頓が必要だから、

それらがゲイレーダーを形成するのでしょうね。

 

だから異なる領域展開が行われると、

即座に気付くのだと思います。

 

ゲイレーダーとは、

多感に思春期に自分を抑圧し、

周囲に対する過度な注意力の産物です。

 

決していいものではありません。

 

 まとめ

今日はよく問われる、ゲイはゲイを判別できるかどうか?

について投稿しました。

 

結論は、僕も相方もできます。

ゲイレーダーの判別基準は人により異なりますが、

恐らく基幹となるのは目、瞳、眼差です。

 

ゲイレーダーは精度が高いです。

実際、時々便利な事もありましたが。。。

 

その形成の根本には、

抑圧と発覚の恐怖だということは言うまでもありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。