おいしい静岡 純喫茶のい。これがザ・純喫茶!珈琲はやっぱり純喫茶でいただくにかぎります。

静岡の中心部から25分ほど歩くと駒形通。

 

子供の頃は賑やかだった商店街ですが、

今は少し寂しくなってしまい。。。

 

そこで今でも現役バリバリの純喫茶。

店主は30代後半のナイスな男性。

 

僕は店主目当てで訪問しています。

 

 

 

 

純喫茶のい 基本通達

住所は静岡市葵区駒形通2丁目7−20。

 

やや駅から遠いですが、

街を散策しながら歩けばすぐです。

 

側にはサウナ好きの聖地、桜湯があります!

 

 

店内はザ・喫茶店です。

洗練された内装でもなく、

優雅な音楽が流れることもない。

 

 

 

 

〇〇映えするパフェもパンケーキもない。

 

そこがいいのよ。

普通で特別感が一切ない、

日常の空気が流れる喫茶がいいのよ。

 

 

 

2人用のテーブル席が数席とカウンター席。

店員の顔はどこの席からも見える。

 

そこが喫茶のいい所よ。

 

 

 

店主は30代後半の男性です。

かなりあっさりした接客でそこがいい!

 

チェーン店ではこれでもか!

というくらい不自然な笑顔笑顔笑顔。

 

そんな不自然な笑顔などおもてなしではない。

 

あっさりしたちょっとそっけない接客でいい。

メンズは逆にそこが可愛い!

 

白いシャツと黒いスボン。

ああ!紳士な殿方って素敵。

 

なぜ俺のゲイ心をくすぐるのだ!

ドストライクな店主が大好き。。。

 

実食

メニューです。

喫茶店らしいのメニュー表です。

 

 

 

 

メニュー表にはありませんが、

インドネシアのトラジャンテをオーダー。

 

コーヒーはカップにたっぷり注がれます。

凄くいい匂いが漂います。

 

 

 

 

コーヒーはチェーン店ではなく、

純喫茶でいただくが正解。

 

香りも味わいも全く異なります。

そして普段コーヒーを飲まない僕でも、

酸味、苦み、甘さ、透明度の相違に気付きます。

 

トラジャンテは以前から知っていました。

有名で高価なコーヒーです。

 

僕が苦手な酸味がなく香りが高い。

苦みとコクが強いので、ザ・コーヒー感が強い。

 

たっぷりと楽しめるコーヒーは、

午後の休憩のひとときに最適。

 

これにケーキを付けたらなお素晴らしい。

静岡の純喫茶はのいがオススメです。

 

 まとめ

今回は純喫茶のいを投稿しました。

コーヒーは喫茶店のいただくべきです。

 

僕はコーヒーを普段飲まないし、

あまり好きではありません。

 

しかし、喫茶店の店主が時間をかけて

入れてくれるコーヒーは、

スタバやドトールなどとは全く味が違う。

 

コーヒーはやっぱり純喫茶です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。