主夫的税理士生活。男2人の夕食づくりは意外にお金がかかる。

土曜は必ず相方と夕食を取ります。。。

しかし、最近遂に気付いたのです。。

 

食べ盛りでもないのに、

お酒を飲むわけでもないのに、

性欲旺盛な男2人の食費はそれなりにお金がかかる。

 

2人分の自炊代もバカになりません。

 

 

 

蒸ブロッコリーはシチュー用(後のせ)です。

 

 

 意外にかかる自炊代

昨日はシチューを食いたい!と言われたので、

金曜の夜のうちにシチューを作り。。。

 

僕は好きな人には尽くすタイプですよ。はい。

 

鶏モモ肉と野菜のオーブン焼き、

シチュー用の蒸しブロッコリー、

水菜とトマトのサラダです。

 

土曜はコアワーキングで仕事なので、

仕事から帰宅して頑張って作るのです。

 

シチュールー 350円(いいやつ)

人参 100円

たまねぎ 200円

鶏モモ肉(シチュー用) 500円

鶏モモ肉(オーブン用)500円

バジル 100円

牛乳 150円

白ワイン 400円

ブロッコリー 200円

マッシュルーム 400円

パプリカ 200円

トマト 200円

水菜 120円

レンコン200円

イモ100円

合計3,700円です。

 

3,700円!高い!

 

5日間の僕の夕食自炊代は4000円程だから、

やっぱり3700円は高い!

(もちろん、余った材料は後で使えますが。。。)

 

2人になるだけで、こんなにかかります。

(煮込み料理にワインは欠かせません。)

 

継続するなら自炊がベスト

3,700円もかかるのなら、

外食した方が良いかもしれません。

 

材料は必ず余るので、

翌日以後、別の調理にも利用可能ですが。。。

 

やっぱり3700円って高いなあと。。。

 

お互い40歳になるので、

高校生のような食欲はありません。

 

夜は炭水化物を抜いても、

特段苦ではありませんが、

性欲旺盛なので、そこそこ食べます。

 

食卓を米、肉のみにすれば、

1,000円もあれば十分でしょう。

 

ただ、せっかく一緒に夕食を囲むのだから、

可能な限り様々な食材を調理したいものです。

 

そろそろ甘唐辛子の季節です。

季節や食材を楽しめることは、

自炊の何よりの楽しみです。

 

多少お金はかかりますが、

どうせ調理をするのなら、

多くの食材を使っておいしいものを作ります。

 

 まとめ

土曜に購入した食材の余りは、

月曜以後の僕の自炊で消化されます。

 

翌日も自炊を継続するのであれば、

総じて3700円は決して高くはありません。

 

しかし、迂闊にも大好きなプラムで3種類購入してしまい。

(ソルダム、大石早生、レッドグローブ)

 

プラムに1300円もかかってしまい。

プラムの方が散財だったことに気付きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。