おいしい滋賀 in 大津 茶菓 山川。和菓子は京都じゃなく大津で買え!京都の和菓子を圧倒的する和菓子が大津商店街にある!

商店街は侮れない。

日本の海外も、商店街は侮れない。

 

京都へ和菓子を買いに?

ハッキリ言って、京都の和菓子より、

僕は美味しいと思う。

 

茶菓 山川さんに出会えてよかった!

 

茶菓 山川さんの和菓子は、

大切な人の手土産にしたくなるくらい、

本当に美しくて美味しいよ。

 

大津には京都のお店より和菓子屋さんがあります。

 

 

 

 

 

茶菓 山川 基本通達

住所は滋賀県大津市長等2丁目10−5。

大津の商店街、丸二果物屋さんの隣です。

 

 

 

営業日は金、土、日。

なかなか営業日に訪問できず。。。

 

だから運よく訪問した時は、

イートイン&和菓子を沢山買います。

 

元々は、2年前にお客様から教えてもらったお店です。

 

オレ「京都で美味しい和菓子知っています?」

客人A「??京都なんかに行くなら、

   大津商店街に最高の和菓子があるよ。」

 

まずはイートイン。

店内は3席のみ。

 

店内は小さいですが、

和菓子を買いに来店する方が割と多い!

 

 

 

 

平日金曜に2度ほど訪問し、

イートインはすんなり入ることができました。

 

しかし、いただいていると、

何度か和菓子を求める方が。

 

みな2つ、3つ買っていくので、

お茶うけ用なのですね。

 

こういうお店、もっと大切にしたいです。

 

かき氷やパフェは、店主が作ってくれます。

店主だけが調理するんですね。

 

 

 

とっても有難みを感じます。

 

実食

ある日の水まんじゅうのパフェです。

綺麗にまとまって美しい。

 

 

 

生クリームたっぷり!でもなく、

スリムで美しいスタイル。

 

程々で強い強調がないからこそ、

水まんじゅうとメロンが光ります。

 

 

 

水まんじゅうは宝石みたい。

夏の和菓子!というと水まんじゅう。

 

水まんじゅうが3つも入ったパフェは贅沢。

 

抹茶の寒天、ほうじ茶の寒天、水まんじゅう、

あんこにアイスにクリームにメロン。

 

 

 

繊細で美しい盛り付けの姿は、

年を重ねた店主の作っているなんて凄い美的センス。

 

水まんじゅうとアイス、あんこ。

そこでクリームを合体させないのが粋です。

 

 

 

きっとかなりの勉強家なんでしょうね。

当然の美味しさで、さくっと食べてしまいました。

 

よくある甘いだけの抹茶パフェなんかとは、

全く違う品がある美味しさパフェです。

 

別の日のいちご小豆のかき氷です。

本当のいちごのシロップ、

いちごを甘く煮た果肉が素晴らしい。

 

 

 

あんこと白玉と一緒にいただくと、

イチゴ大福さながら。

 

こってりした生クリーム系かき氷より、

シンプルで美しい。

 

かき氷とはこういうもの!と再認識です。

 

店内の和菓子も必ず買います。

お店独特のオリジナル和菓子が揃います。

 

 

 

毎回2500円程散財。

シソの大福や、寒天につつまれたメロン、

モモの大福など、お店独特の商品が大好き!

 

口が肥えた相方も、「これはうまい!」と絶賛です。

この時期だけの寒天につつまれたメロン(一段目)は、

びっくりする程おいしい!

 

だから何度でも通いたくなる。

 

こんな美味しい和菓子屋があるなんて、

大津はまだまだ見どころ満載です。

 

 まとめ

今回は大津商店街の茶菓 山川を投稿しました。

 

金土日しか営業していませんが、

訪問するに価値ある最高の和菓子屋さん。

 

京都へ和菓子を買いに行くのなら、

茶菓 山川で買うが正解です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。