夏をガンガン感じたい!今と同じ体力・精神力であと何年生きられるのだろうか?

今年の7月は雨天が多く、

せっかく晴れても予定等が重なり、

2日間200キロしかサイクリングしていません。

 

ネガティブな性格ですが、

冬より夏が好きです。

 

夏をガンガン感じる事が大好きです。

しかし、今年の10月でオレも40歳。

 

あと何年、今と同じ体力・精神力で、

行動できるのだろう?

 

 

 

 

38度は暑い。。。

 

久しぶりの月曜サイクリング

本日は朝からサイクリング。

月曜日サイクリングは久しぶりです。

 

先週からようやく晴天になりましたが、

仕事等に事情により、

先週のサイクリングは1日だけ。

 

この1か月で、すっかり稲穂が成長し、

あと1か月もすれば稲刈りでしょう。

 

真夏に汗をかくことって、本当に気持ちいい。

 

体や頭の中の毒素が流れ出る感じがします。

恋愛する!という時も夏の時期が一番。

 

異性の場合も同性の場合も、

夏は露出が激しいから、

それだけでぐっときます。

 

余計な蛇足は要らないから、雰囲気だけでOK。

夏をガンガン感じることが大好きです。

 

あと何年今のように生きれるか

今年の10月で40歳になります。

滋賀県へ来て開業した時は36歳半年。

 

このクダラナイブログで、

「もう会社員に戻りたい。。。」と、

散々ネガティブキャンペーンをしていましたが。。。。

 

時の経過は早く3年半が経過し、

40歳という区切りを迎えます。

 

何が怖いかというと、

体力や精神力や忍耐の低下です。

 

今日も朝7時から15時までサイクリング。

概ね130キロの快適な走行でしたが。。。

 

とてつもない炎天下。

凄まじい直射日光で、

誰もサイクリングしていません。。。。

 

500ミリ×7本の水分補給を行い、

かなり体力的にきつかった。。。。

 

50歳になった時、これができるのでしょうか?

 

直射日光を受けながら、

気持ちよく汗を感じることができるのでしょうか?

 

そもそも朝6時や7時から、

1日サイクリングへ行こう!という気になるのでしょうか?

 

先週は早朝、彦根までサイクリングをして、

早めに12時に帰宅。

 

そして自転車整備をしてシャワーを浴びた後、

電車で近江八幡税務署まで提出。

(自転車で税務署よれたじゃん。。。。)

 

とてつもなく非効率な移動をしたこともあり、

税務署に着いた時には疲労困憊。。。

 

へなへなと税務署で休憩してしまいました。

 

年を取るという恐怖を、

ここ最近はヒシヒシと感じます。

 

 精神力の低下が怖い

開業後、契約に至らなかった事が何度かあります。

 

また、すっぽかしを喰らってしまったり、

返答後、一切の連絡がなかったことも。。。

 

その度に割とダメージを喰らいます。

 

その都度ダメージを感じていると、

キリがないのですが、心は正直なものです。

 

ダメージを受けていると男性は正直だから、

大切な部分の膨張率もあまりよくありません。

 

ストレスは血行を不良にする証拠です。

 

10歳若かったら、その都度ダメージを受けても、

回復が早かったのかもしれません。

 

僕は概ね1週間ほど落ち込みます。

 

若い頃と比べると、些細なことを気にしたり、

些細なダメージで心が揺らぎます。

 

精神力が低下しているでしょうね。

 

老化しないように思いのまま行動する

開業してからは可能な限り、

毎年夏をガンガン感じています。

 

40歳にもなると、

一定の肉体的・精神力の低下は、

致し方ないのかもしれません。

 

今と同じ感覚で、

あと何年夏を感じることができるのでしょうか?

 

そのために、可能な限り、

精神面と肉体面を鍛えるようにしています。

 

電車を使い、歩いて好きな場所へ行ったり。

まだ知らない新しい場所へ訪問したり。

 

季節の食材で調理したり。

 

アナログとデジタルを偏ることなく、

バランスよく使ったり。

 

毎日筋トレ、なわとびをしたり、

新しい税務知識や錆び付いた知識を磨いたり。

 

相方と出かけたり、セックスを大切にしたり。

 

可能な限り心を若く保つため、

心の老化を防ぐようにしています。

 

 まとめ

炎天下の中のサイクリングは、

かなりの体力消耗でした。

 

ちょっと危険!と感じましたが、

汗をかくことって気持ちいい。

 

琵琶湖と田畑を眺めながら、

来週契約を結ぶ新規の顧問先のことを考えていました。

 

サイクリング中って、

意外に良いアイデアが浮かびます。

 

しかし、さすがに暑くて身の危険を感じました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。