新しい名刺を作成。割と見にくく格好悪い名刺を作成しています。

今年も新しい名刺を作りました。

 

多くの方が名刺なんて無駄!と思うくせに、

自己紹介では名刺交換をする変な風習が。。。。

(僕は名刺は好きです。)

 

毎年写真撮影の度に名刺を作っています。

今年も読みにくさに定評がある名刺を作りました。

 

 

 

 

僕の名刺はペラペラではありません。

厚紙、全面ラミネート、オールカラーの

かなり高級な名刺です。

 

 割と見にくい名刺を作成しています

名刺に対する僕のスタンスは、

自己紹介ではありません。

 

だってさ!

このご時世、連絡しようと思った時、

どこの誰が名刺コレクションを開き出すのよ。

 

独断と偏見ですが、名刺いただいて廃棄するのなら、

最初からもらわなければいいと思います。

 

交換などしなければいいと思います。

ちなみに僕は名刺は捨てません。

 

しかし、自分が渡した名刺を廃棄されるのも癪に障ります。

読まずに放置・廃棄する人も多いです。

 

そこで開業以来、目に留まるものの、

読みにくい名刺を作成しています。

 

ビジネス的には不正解と言われますが、

僕はこれでいいと思っています。

 

だってさ!

周辺の税理士さんと比較したら、

オレは圧倒的に不利なんだから。

 

開業した年に、

「よくもこんなくそクダラナイ名刺を作りますね。」

というメッセージをいただいたことがあります。

(なんて失礼な!)

 

生息している事を知ってもらわなければ、

お仕事はいただけません。

 

だからわざわざ、生きている事を知ってもらうため、

そのくそクダラナイ名刺を作っています。

 

「読みにくい!」という割と浅はかな感想だけをいただくのなら、

その人とはそれまででいいと思っています。

 

いい大人がさ、

わざわざクダラナイ名刺を作るわけないじゃん。

 

100枚で3,500円もかかるんだし。

(全面ラミネート)

 

これには何らかの意図がある。

と思っていただける方と仕事をしたいと思っています。

 

 割と格好悪いことを書いています

僕は至って普通の税理士です。

 

普通の会計事務所で法人税、所得税、相続税の仕事をしました。

通常のそれらの業務に関しては困りません。

 

タックスヘイブン税制、移転価格税制、

営業権の評価・譲渡・売買について、

骨肉の争い的な未分割相続等は、

経験がなく知らないのでわかりません。

 

だから至って普通の税理士です。

 

よくわからない会計ソフト会社の、

何とかアドバイザーも持っていません。

(利用するつもりすらありません。)

 

特段秀でるものが何もないので、

得意な税務は、興味がある項目について書きました。

 

 

 

よくいただくビジネスマンや税理士さんの名刺には、

ちょっとキラキラしているフレーズで、

割とカッコイイことが書かれています。

 

そういうのはやっぱり癪に障るので、

キラキラしていない割と格好悪いことを書いてみました。

 

風呂敷と同様で、名刺をお渡しした際、

「えっ!」と思っていただけるだけで何よりです。

 

 まとめ

名刺作成はVistaprintを利用していました。

作成が楽だし、表裏オールカラー、

全面ラミネート100枚で3500円。

 

しかし、8/31を以て、日本でのサービスが終了します。

本当に残念で仕方ありません。

 

次回はどこで作成しようか模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。