おいしい静岡 in 浜松 うなぎ藤田。浜松うなぎの老舗といえば藤田。鮮やかなタレと焼き具合が最高においしい。

浜松といえばうなぎパイ。

僕はうなぎパイがあまり好きではない。

やっぱりふっくら柔らかに焼いた鰻が好き。

 

浜松インターからアクセス良し。

藤田に伺うのは22歳の大学生の時以来です。

 

ああ!やっぱり藤田は最高です。

 

 

 

 

配偶者やパートナーと夜の情事を楽しむのなら、

美味しい鰻を食べてみよう。

 

 うなぎ藤田 基本通達

静岡県浜松市中区小豆餅3丁目21−12。

インターから10分程度。

 

新幹線の場合は浜松駅店が良し!

車の場合は小豆餅店が良し!

 

 

 

 

 

 

22歳の時に、大学の友人3名で藤田へ!

それ以来です。

 

だってさ!

そこそこ高級だから。

卒業記念として4年生の時に行きました。

 

予約をしたので2階の個室です。

いいわね。和室って。鰻は和室が良し。

 

 

 

 

1階はテーブル席ですが、

貫禄あるフロアです。

 

ゆっくり鰻をいただくのなら、

浜松駅店よりも小豆餅店の方がいい!

 

メニューです。

そこそこのお値段です。

 

 

 

 

本当はね。。。。白焼きがいいのよ。

わさびといただく白焼きがいいのよね。

 

しかしここはうな重(2段)をいただきます。

 

実食

うな重(2段)7,200円です。

がっつりいただいてやります。

 

 

 

 

静岡鰻は関西とは大きく異なります。

 

ご飯が多め。

ややつゆだく。

柔らかでふっくらした焼き上がり。

 

 

 

 

 

正に鰻!という姿です。

美しい。

これは精力ギンギンで夜が大変です。

 

1段目はガッツリ好きなようにいただくが良し。

綺麗じゃなくていい!

 

自分が食べたいように、

真ん中からガブっといただいてもいい。

 

 

 

だってさ!

下にまだ鰻が埋まっているからさ。

 

 

 

 

鰻をいただく時は、言葉は不要です。

脂と甘みを噛みしめながら、カブっといただく。

 

うなぎ屋さんは表面の焼き具合も大切ですが、

タレと焼き方がマッチするかどうかが重要。

 

藤田はふっくらした焼き上がりに、

やや控えめな甘さのタレが山椒とマッチ。

 

いただいてみるとよくわかります。

 

カレーで例えるとやや苦みがあるカレー。

落ち着いた甘さのタレはふっくら鰻によく合う。

 

浜松うなぎは藤田がお薦めです。

 

 まとめ

今回はうなぎの藤田を投稿しました。

 

静岡へ帰る途中、うなぎを食べよう!

ということで、17年ぶりに藤田へ。。。

 

あの頃はアホでコソコソとゲイ生活を送っていましたが、

今はオープンゲイとしてゲイ的税理士生活をしています。

 

ゲイは死んだように生きろと言われて、

本当に死ななくて良かったと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。