おいしい静岡 河岸の市 おがわ。盛りだくさんの本マグロを切り落とし丼がお薦め。照り付ける脂がたまらない。

清水といえばマグロ、桜えび、しらす。

今年のお盆は、鰻とマグロを食べる為だけに帰省。

(当然、両親に会うつもりはありません。)

 

脂が照るマグロをワンサカワンサカ食べたい!

 

そんな時は、清水駅徒歩5分、河岸の市内のおがわ。

 

海鮮丼!などといった余計なものが乱流するものではなく、

必ずマグロ丼です!

 

 

 

 

やっぱり地元は美味しい。

 

 おがわ 基本通達

住所は静岡市清水区島崎町149−43。

清水駅から直結徒歩5分。

 

 

 

店内はテーブル席で広々。

 

 

 

 

地元にいた時は行列ができていましたが、

コロナ?もあり、このお盆は人がいない。。。

 

頑張って欲しいよね。

ぜひ末永く続けて欲しい。

 

お店に頑張ってほしい!と思うのなら、

お店を利用して、ダイレクトにお金を落とすすべきだ。

 

ふるさと納税として自分が得をすればいい。

自分は利用しないけどお店には残ってほしいは、

わがまま極まりないダサイ大人です。

 

それがみんなで地域を支えるということです。

 

メニューは沢山。

 

 

 

 

静岡で海鮮をいただく時は、

海鮮丼をオーダーしてはいけません。

 

まぐろ、桜えび、生しらすのいずれかにした方がいい。

また、お惣菜系は、マグロカツ、黒はんぺんがいい。

 

やっぱりマグロ切り落とし丼1,850円。

周囲の方々はマグロカツ&どんぶりをオーダーしている人が多数!

 

 実食

これはおいしそう。

迷わずマグロ切り落とし丼です。

 

 

 

凄い生肉みたいなピンク。

生桜えびを追加しました。

 

大トロ、中トロ、赤身が混ざった切り落とし丼ですが、

トロの部分がこんもりこんもり。

 

 

 

 

下の方までマグロがどっさりしています。

 

これで1,850円というのはお得です。

鉄火丼ですら法外な値段設定の京都と比べたらお安い。

 

とろっとした脂が愉快痛快なのよ。

口に含むとトロっと溶けます。

 

 

 

 

ああ、本当に美味しい。

赤身はあまりなく、脂が濃い部分が多いです。

 

だからちょっとくどいなあ。。。と思ったら、

生桜えびで箸休め。

 

 

 

 

わさびと醤油でいただく生桜えびは久しぶり。

脂分が多い大トロ、中トロは、

僅かな醤油でいただきます。

 

そして2枚目は、ワサビ醤油でいただく。

脂がくどく感じたら、赤身に移ります。

 

 

 

 

ああ、本当にいい。

僕的にはちょっと量が多かったのです。

 

マグロの量がとにかく多い。

 

マグロカツや桜えび、しらすなど、

他の料理をいただきた場合は、量に注意が必要です。

 

ご飯はしっかりした量なので、

大盛はやめましょう。

 

 まとめ

今回は清水河岸の市内のおがわを投稿しました。

焼津港にも同じお店があります。

 

コロナの影響か?

お盆にもかかわらず、かなり空いていました。

僕が地元にいた時は、行列だったけれど。。。

 

ともあれ、地元を支援するのなら、

ふるさと納税という我がままな制度ではない。

 

お店を直接利用して金銭を享受させることです。

清水駅で下車したら、おがわでマグロがお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。