令和4年分の所得税確定申告のページをアップ。令和4年も頑張りません。

昨日、令和4年分の所得税の確定申告のページをアップしました。

とはいうものの、大したページではありません。

 

相方は揶揄してきます。

「大丈夫だよ。そんなに問い合わせ、ナイナイ。」

 

後述しますが、それはわかっています。

十分認識しています。

 

だから令和3年分と同じくらい、

または少し少なめを受注できればいいと思います。

 

 

 

 

全く頑張らない夕食。

トマトのリゾットと野菜のオーブン焼き。

 

 自分の縄ばりで頑張るのみ

僕はよく不特定多数多数の若い方に対し、

税理士の探し方を問う事があります。

 

・freeeの税理士検索

・MFの税理士検索

・弥生の税理士紹介

・税理士紹介サイトや会社など

という方法を割と聞きます。

 

顧客を獲得するのなら、

クラウド会計の税理士紹介は必須なのでしょうね。

 

何とかエキスパートも持っていないので、

ガンガン検索されることがないと自負しています。

 

僕は金銭を要求するソフト会社の実施紹介サービス、

また税理士紹介会社など、消滅すればいいと思います。

 

しかし、税理士のみならず、

税理士を探す側も利用する媒体なのだから、

僕のような考えの方が、きっとおかしいのでしょうね。

 

有益な情報網に掛かっていないので、

ガンガンお問い合わせは来ません。

 

有名で迷惑な経済系雑誌には、

freee等のクラウド会計を積極的に推進しない税理士は、

今後は生き残れないと書いてありました。

 

その時は潔く死滅しようと思います。

自分ができる縄張りの範囲の中で頑張るのみです。

 

 うっかりミスを防ぐためにゆったり

先日、うっかりして心配になり、

過去に提出した確定申告書を見直しました。

(結局取り越し苦労でしたが。。。)

 

専門書を読んでいて、はっとしました。

 

本則から免税になる場合に、

高額特定資産の取得として、

リース資産を考慮していませんでした。

 

独立して以降、リース資産は損金処理のみのため、

すっかり忘れていました。

 

1,000万円以上のリース契約は実際にあるので、

割とはっとしました。

 

2先で12年程の会計事務所勤務の中で、

所長であってもベテランであってもミスはありました。

 

思い込みミス、うっかりミス、

そもそも知らなかったミスは、

皆にあったと記憶しています。

 

確認する人物は自分以外にいないのだから、

どんなに楽な確定申告であっても、一度で完結しません。

 

必ず段階を追って処理し、

日時を変えて完了するようにしています。

 

納得がいくまで確認するのなら、

量産することを望むことなく、

ゆったり行うしかないなあと思います。

 

 暗号資産やNFTには気を付ける

令和3年は暗号資産とNFTの申告に、

かなりの時間を費やしました。

 

クソ高い暗号資産のソフトを購入するつもりはなく。。

 

エクセル表で集計しても、結局物理的だから、

眠くて眠くて仕方ありません。

 

そして単純な集計を主とした作業であり、

時間を要しても実務レベルは上がりません。

 

普通の事業所得の申告の方が、

圧倒的に楽だったので、気分的に疲弊しました。

 

1,000を超える暗号資産取引がある場合は、

暗号資産の専門に依頼した方がいいのですよね。

 

暗号資産もNFTも、

小遣い程度の楽しみなら可。

 

内容や全容を全く理解せず、

得体の知れないものにお金をつぎ込む場合は不可。

 

膨大なスニーカーの集計なんてやってられっか!

 

令和4年分の確定申告は、

令和3年分より一層欲張らず、

ゆったりやっていこうと思います。

 

 まとめ

3/14の朝にe-taxしたところ、

動きが遅きことを不審に思いながらも送信成功。

 

午後にもう1件送信使用としたら、障害が発生している。

わーい!これは絶対に期限延長。バンザーイ。

 

とその時友人と話していましたが、

すっかり期限延長慣れしてしまいました。

 

そういうのも良くないなあと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。