季節を満喫するのならサイクリングが最適。ただ自転車で走行するだけでいい。

今日は月曜サイクリングの日でした。

天候と予定が合わず、2週間ぶり。

 

2週間で季節がすっかり進みました。

 

季節の変化を肌で感じることができる点は、

独立して良かった思うことの1つです。

 

 

 

 

稲刈りのピークは終わり、

赤カブが元気よく育っています。

 

 季節を感じることが幸せ

今日もほぼ快晴で朝から太陽ギンギン。

彦根、米原付近の温度計も30度を超えていて、

13時、14時は暑かったのですが。。。

 

7月、8月のように、

大汗ダラダラという事はなし。

 

太陽の日差しは強いですが、

もはや痛く程ではありません。

 

5月の初夏の太陽と同程度だったかもしれません。

 

山の側には所々に栗が落下しており。。。

稲刈りもピークが過ぎ去り、

赤カブ畑が一面に広がっています。

 

会社員の時には、

日々季節を肌で実感することはなく。

どこか流されるままだったと思います。

 

こういう面も、開業して良かったと思う点です。

 

 季節の満喫にはサイクリングが最適

季節を満喫するにはサイクリングが最適。

 

僕は雪の時期以外は、

ただ当てもなく、長時間走行します。

 

ただ走るだけです。

 

別に何か特別なことをするわけではなく、

今日も米原まで行ってUターン。

 

ただ7時間サイクリングしてきただけです。

 

7月、8月は本当に暑くて、

背中に受ける太陽が痛い。。。

 

湿度も高く、額からも大汗がでて、

とにかく暑くて暑くて快適ではありませんでした。

 

何も特別なこともなく、

派手なことをしたわけでもありません。

みんなで騒いで想い出を作ったわけでもなく。。

 

しかし、季節(夏)を満喫するということは、

暑い中、ただ汗をかくという行為だけで十分。

 

「あつい。。」と呟きながら、

汗をかいてひたすら走行するなんて、

それだけで夏を満喫しています。

 

琵琶湖東側は秋になると、

猛烈な強風が吹いてきます。

 

季節を満喫するのなら、

シーズン問わずサイクリングがおすすめです。

 

 まとめ

今年は(も)7月頭にサイクリング中、

長浜からの帰りに熱中症にかかってしまい、

近江八幡付近でペダルを踏めずビビりました。

 

そういった怖さもあり、

8月下旬までは4時間程度で控えていました。

熱中症になると、マジでペダルを踏めません。

 

ようやく太陽の痛さも和らいだので、

気軽に長時間サイクリングを復活しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。