台東観光グルメ永全食品行。関山へ地元で有名なナッツといえば永全食品行。

GW旅行記4。

台東の関山へ3回目の訪問です。

 

お目当ては、現地のガイド本に記載があったナッツとパン屋さん。

昨年夏に訪問し、またどうしても買いたい衝動が。。

 

さて関山の街からの紹介です。

↓ 関山駅です!こちらも新しいです!

 

 

関山の街

関山の街自体は、それほど大きくありません。

昨年は鹿野とあわせて訪問。

 

鹿野でお茶とお土産、

日本の移民村を訪問しながら立ち寄るのがおすすめです。

 

↓ 街並みです

 

 

駅前のお弁当屋さん。

池上と並んで有名な関山弁当。

もう1つお弁当屋さんあります。

 

 

 

街自体は大きくないので、すぐに見つかります。

昨年は両方の店で弁当食べました。(インストアあります)

 

関山も池上と並んで米が有名。

お店では、関山米が売られています。

 

少し距離はありますが、近くに米の学校が。

昨年夏に行ったとき、かわいい女の子も鶏肉をおいしそうに食べてました。

 

おいしく食べる姿って、すごく魅力的で元気がでますね。

ナッツ名店 永全食品行

さて目当ての店の1つはナッツの名店 永全食品行です。

住所は台東県関山鎮民族路86。

 

 

 

 

↓ お店の名刺です。

 

 

お店の外観と看板です。

 

 

 

 

グーグマップで探せばすぐわかります。

 

 

 

お店では英語はもちろん日本語も通じません。

中国語と感覚で頑張りましょう!

 

お店では台湾のアーモン、ナッツはじめ

ナッツ系のお菓子が沢山あります。

 

1袋100元ほどです。

いろいろ買いましたが、一部写真を載せます。

 

 

 

 

 

他にもおこしみたいなものも買いました。

硬そうなお菓子もありますが、

歯にやさしく日本のおこしみたいにそれほど硬くありません。

 

ぜひ一度訪問しましょう!

お店ではなぜかどんどん試食させられました。

パンの名店 親水軒

もう1件。有名なパン屋さん。

こちらも2回目の訪問です。

 

住所は台東縣關山鎮和平路43號

 

 

↓ 名刺です。

 

 

 

 

 

 

カボチャのパンが有名です。

しかし、写真を忘れたためお店の外観のみ。

 

 

 

 

↓ これがかぼちゃのパン。旨いですよ。

 

 

 

僕はこのお店のパイナップルケーキが大好きです。

米粉が入っています。

 

 

 

花蓮や台東のパイナップルケーキは、

生地に米粉が使われていることが少なくありません。

 

米の産地だからでしょうか。

 

そして、下のような小さめのパイナップルケーキも。

こちらはコーヒー味などやや変わっています。

 

 

 

味はコーヒーとなんだったか忘れました。

しかし、ここのは旨いです。

 

関山は小さい街。

日本人観光客はいません。

 

この街のこのパン屋さんは、

台北松山空港にパイナップルケーキを卸しています。

 

松山空港利用者は、空港の免税店で見たことあると思います。

昨年夏に、お店の人から、

「At airport, tax free」

と言われその時は???と思いました。

 

帰りの飛行機に乗る前に空港で発見し、そういうことかと思いました。

というわけで、今回も訪問したのです。

 

小さなパン屋さんがたい空港に卸すなんてすごいです。

ちなみに、お店は基本的に英語、日本語は通じません。

 

感覚と中国語でがんばりましょう!

クッキーやマフィン、パンも買いましたが美味しいです。

まとめ

台東では英語や日本語が通じないことが多くあります。

地名や簡単な単語などの中国語は、覚えた方がいいです。

 

その方が会話ができます。

これありますか?

いくらですか?くらいは中国語で言えるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です