静岡が誇る静岡のかき氷。かき氷専門店「chuan チュアン」

数年前より、静岡の街まで出たときに、

ふと立ち寄るお店があります。

秋から春にかけては、比較的空いているお店なので、

夏場以外よく訪問していました。

なぜ夏場は行かないのかって?

そこのお店はかき氷専門店です。

通年、かき氷提供しています。

夏場は非常に混み合うため、

明るい時間帯はなかなか行けません。

夏場でも、日が暮れてからは店内は空き始めますが、

氷が売り切れになることがしばしば。

静岡のかき氷、「chuan チュアン」です。

chuan 基本情報

住所は静岡市葵区七間街14-7。

↓ 地図です。

もう4年くらい前に開店されたと思います。

よくほうじ茶ラテをオーダーするのですが、

そのラテが非常に美味しいのです。

店内も居心地がいいため、

できれば長く営業してほしいなあと思っていました。

でも、かき氷専門店って!

そんな心配は無用でした。

この夏も非常に繁盛していた模様でした。

メニュー

無花果のかき氷

先日オーダーしたかき氷です。

もう来年の夏には食べれません。

残念。

↓ 無花果のかき氷です。

無花果のかき氷

氷の中にも無花果が入っています。

無花果のかき氷 中身

無花果のかき氷 中身

夏の無花果っておいしいですよね。

生でかぶりつくも至福ですが、

無花果って、お菓子にしても非常にその風味を味わえます。

無花果のかき氷は、この店で初めて食べました。

無花果は若干、甘くコートされてます。

しかし冷たい氷が、無花果特有の甘美な甘さを引き立たたせます。

季節限定品です。

葡萄のかき氷

↓葡萄のかき氷です。

3種類のブドウが使われています。

こちらも季節限定です。

葡萄のかき氷

葡萄を食べて、白い氷を口に含み、

葡萄汁がかかった部分の氷を口に含みます。

氷って、果物の甘さを引き立たてるんですね。

3種類の葡萄に違いが更に引き立ちます。

かき氷は、つべこべ言わず、さっさと食べましょう。

ベラベラ話をしながら食べるのは止めましょう。

かき氷の一番おいしい瞬間が台無しになります。

話をしていて氷が解けてしまったなどは、御法度です。

まとめ

「chuan」は、冬でも季節限定のかき氷があります。

冬場は、かき氷とほうじ茶ラテを同時にオーダーするのがおすすめです。

静岡だから抹茶のかき氷!

ではありません。

季節限定のかき氷を楽しみましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です