台湾旅行で注意する事。国内線乗り継ぎ、蚊には注意。

年末年始の旅行の準備をしています。

もしかしたら年末年始以降、しばらくは旅行はいけないかもしれませんね。

今回も、台湾の花蓮から台東、屏東あたりを予定しています。

7日間の予定です。

 

さて学生の頃から含めると、今まで20回程海外へ行きましたが、

幸運にも目立ったトラブルはありませんでした。

しかし、それでも少なからず困ったことはありますよね。

(ここ数年はずっと台湾ですが。。)

 

ついついやってしまいがちなこともありますが、

台湾旅行での失敗をまとめておきます。

台東海岸

現地国内線の乗り継ぎ時間がギリギリ

昨年2017年8月の事でしたが、台北松山空港発 → 花蓮空港へ国内線に、

危うく乗り遅れそうになりました。

出発便は羽田発 → 台北着で出発したのですが、

羽田発の飛行機がなんと3時間近く遅れたのです。

 

当初台北には午後2時30分頃に到着予定で、台北発花蓮着の飛行機の出発は午後6時でした。

当初の予定では十分間に合う予定でしたが、

羽田発の飛行機が3時間も遅れた為、もう間に合わないと諦めました。

 

そして台北松山に着陸したのは5時20分頃。

やばいすよね?

 

「すいませーん!」

といって我先に飛行機を降りました。

Speedy証を使ってささっと入国を済ませます。

 

でも荷物が運ばれるのを待っていたら、絶対に間に合いません。

 

搭乗時刻は6時ちょうどです。

まだ国内線にチェックインもしていません。

「こりゃ間に合わんな」

と半ば諦めモードです。

 

6時間以上の遅れでなくては、海外旅行保険も適用されません。

delay

delay

そんな時、奇跡が起きます。

 

なんと、僕のキャリーケースがコンベアから最初に登場したのです。

 

実は羽田を出るときに、カウンターの人に現地での乗り継ぎがある事を

告げておいたのです。(だからかどうかは不明ですが)

 

そして両替を済ませて、チェックインしたのは5時40分でした。

そして6時に無事に搭乗できました。

 

後から航空会社の方から聞いたのですが、現地で乗り継ぐ場合、

6時間は時間を空けるようにとのことでした。

 

そうか、旅行保険の遅延が適用になるのも6時間ですしね。

それ以降は、台北から飛行機で花蓮、台東に行くときは注意しています。

margin

 

午前中に台北に着く場合、午後6時の国内線を予約しています。

台北の到着が午後の場合、一晩台北に宿泊し、翌朝の7時か8時の便で、花蓮か台東に向かいます。

 

現地国内線を乗り継ぐ場合は、6時間空けましょう。

蚊対策は現地の虫よけスプレー

これは僕のパートナーのトラブルですが、蚊のトラブルです。

蚊に刺された際、アレルギー反応により、体のあちこちに水泡ができました。

 

花蓮県、台東県などでは小さな黒い蚊をよく目にします。

おそらくはそれに刺されたんだと思います。

気が付くと、体、足、上でに水泡が。。。

だんだん水泡が破裂します。

 

痒みがある程度で、熱もなく体調が悪いわけでもなく。

帰国後、皮膚科に行くと、虫刺されでしょうと言われたようです。

mosquito

それから何度も花蓮や台東に行きますが、やはり小さな黒い刺されると、

同じ症状がでるようです。

 

でもよく見る普通の蚊では、そんな事ないんですよね。

そして僕は刺されても普通に赤く膨れるだけで、

そんな症状は出ません。

 

人によるんですね。

 

ちなみに夏場や冬場でも、現地で必ず蚊よけのスプレーを購入しています。

空港についたら、まず購入するのが蚊よけスプレーです。

今年の8月は7日間滞在して、2本使い切りました。

なかなか強力ですので、必ず現地で購入しましょう。

頭痛薬を持っていく

学生の頃ですが、3週間くらい滞在していた時、

なぜか突然熱がでました。

なんの前触れもなく、咳やのどの痛み、頭痛があったわけでもないのに。

 

多分疲れだったのかもしれませんが、頭痛薬が無くて困りました。

headache

 

体がだるく、悪寒や頭痛がする中ドラックストアへ。

でもどれが頭痛薬かわかりません。

 

調子が非常に悪いた時、英語を使うのが億劫でした。

 

一日寝ていたら、嘘のように回復しました。

一日無駄になっただけで済んでよかったです。

 

今でもよく旅先では頭痛を起こします。

寒かったり、疲れたりすると首筋が凝り、頭痛がするときがあります。

 

日本からの見慣れた薬は持っていきましょう。

まとめ

今まで運よく、殆どトラブルはありません。

体調不良になると、せっかくの旅行もテンションさがります。

台湾に行く際は、

・国内線乗り継ぎ

・蚊

・常備薬

には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です