台湾台東のかき氷と言えば済州氷舗。台東はマンゴー雪花冰だってお手頃。

台湾台東でデザート屋さんの紹介です。

台湾の真夏のデザートというと、マンゴー雪花冰。

日本で食べると、とてつもない値段ですよね。

台北の有名店で食べても、ややお高いですよね。

 

と言うわけで、比較的お手頃と言えば台東です。

2019.05訪問時、台東でマンゴー雪花冰を食べました。

お店の名前は「済州氷舗」。

↓名刺です。

 

済州氷舗 基本情報

住所は台東市正氣路180號。

↓地図です。

 

 

台東の賑やかな中心部に位置しています。

有名な「寶桑湯圓」の真向かえ。

訪問時は平日の14時くらいだったので、お客さんは僕だけ。

 

でも休日は相当混み合うそう。

お店の外観です。

ブルーの入り口が、ザ・かき氷デザートっぽくて素敵です。

 

店内は清潔でキレイ。

 

 

店主は強面ですが、優しくスプーンを差し出してくれました。

英語や日本語は通じません。

メニュー

まず入り口に雪花冰の宣伝が!

 

 

2019.05の訪問時には、まだそれ程暑くなかったのですが、この日は蒸し暑く、

30度まで気温が上昇。

 

普通のミルク氷のマンゴー雪花冰は90元!

安いですよね!

台北の価格の50%ディスカウントです。

マンゴー氷のマンゴー雪花冰だと120元。

 

そしてグランドメニュー。

 

 

 

 

 

全体的にかなりお手頃です。

台東の名物デザート麻糬(御餅)も美味しそう。

抹茶やチョコの雪花冰も美味しそうですよね。

 

実は僕、マンゴー以外の雪花冰を食べた事がありません。

だから今回は、チョコやココア、抹茶、ローゼルを試したかったのですが、

90元若しくは120元のか価格に惹かれ。。。。

悩みに悩んで、マンゴ氷の雪花冰にしました。

 

入り口でメニューの紙を貰います。

記入して店員さんに渡します。

前払いです。

マンゴーシェンファービン

オーダーです。

見事なマンゴー雪花冰。

 

これが大体400円しないで食べれるんで、とてもありがたみがあります。

マンゴー雪花冰にパンナコッタやプリンは要らん!

 

写真にはありませんが、かき氷を食べ進めていくと、

フワフワの氷の中からもマンゴーたちが!

 

マンゴーを思いっきり氷と食べれるなんて、本当に贅沢ですよね。

果物屋さんで買って、ホテルで食べるのもいいですが、

やっぱりお店で食べるマンゴー雪花冰も、

迫力があっていいですね。

 

こちらのお店は氷がフワフワである事は当然、

氷の中のマンゴーが沢山登場。

 

マンゴーが外にトッピングされていると、

氷とマンゴーの食べる割合の調節が難しいですが、

氷の中にマンゴーさんがいると、その割合を気にせず食せていいですね。

 

数年前はマンゴーが不作で、5月のこの時期にはまだ出回っていませんでした。

マンゴーかき氷も不作で。。

 

でも今年はとっても豊作だと聞きました。

果物屋さんでも100元あれば3つ、4つ買えたので、

マンゴーかき氷もお手頃かもしれません。

まとめ

台東のかき氷デザートといったら「済州氷舗」!

お値段もお手頃で、王道のフワフワかき氷がお薦めです。

強面の店主が優しくて、いいお店です。

かき氷以外にも、台東名物も麻糬(御餅)30元で味わえます。

 

複数人で訪問して、かき氷と麻糬(御餅)をいくつかオーダーするのもお薦めです。

最新の税務記事

2019.06.28教育資金の一括贈与の非課税制度の改正。23歳到達時までは相続税も贈与税もかからない。

事務所HPはこちら

今日の言葉

immediate answer:即答

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です