台湾で果物を買う編その1。台中で果物を買うなら第二市場の泓昇水果行がお手頃でオススメ。

台湾旅行の楽しみの1つというと、現地で購入した果物を購入する事です。

日本でマンゴーを買おうものなら、1000円でも買えません。

しかし旅行中は、思う存分南国の果物を楽しめます。

 

お店で果物切盛を食べるのもいいけれど、果物屋さんで買って、宿で食べる方が僕は好き。

 

さて、せっかくお盆も近いんで、台湾観光で果物を買うのにおススメの場所を紹介します。

まずは台中の果物屋さんでおすすめは、第二市場はずれの「泓昇水果行」

 

第二市場周辺は、果物屋さんがいくつもありますが、ここが一番いい!

↓外観です。

 

 

泓昇水果行 基本情報

場所は第二市場を真っすぐ歩いていくと、中山路と興中街にぶつかります。

その角に泓昇水果行はあります。

グーグルマップで検索すると、違う場所が表示されるので注意!

ちょうど下のマップの赤字しるしの周辺です。

 

 

歩いていると、こんな看板が目に入ります。

側には他に2件の果物屋さんがあります。

 

 

さて第二市場はこんな感じ。

観光客よりかは、地元の人が多い感じです。

歴史的な建物が素晴らしく、僕はいつもこの看板の風景が大好き。

 

 

泓昇水果行さん以外にも、たくさん果物屋さんがあります。

3件ほどのお店で果物を買ったのですが、「えっ!」って金額でした。

 

まあ、そうですよね。

市場ではないのでそれなりの金額です。

 

花蓮や台東、台南や羅東の市場の価格で買えるなど、毛頭思っていませんでしたが、

ちょっと高!と思う金額。

しかし、泓昇水果行さんはお手頃な価格でした。

 

そして店主のおじさんも優しい。

うん、店主が優しいお店に限ります。

 

日本語や英語は通じませんが、店頭に並んでいればもはや関係ないですよね。

マンゴーやドラゴンフルーツ

さて店頭ではこんな果物が並びます。

やっぱり市場じゃないから贈答用が多いのかな?

 

 

ドラゴンフルーツって大好きです。

買う時は、メモに紅?って書いて渡しましょう。

ドラゴンフルーツのあの真っ赤な色素って、とてつもなく強い色素で不思議です。

でもこのドラゴンフルーツ。

かなり立派でした。

 

 

 

さてマンゴーも食べごろが並びます。

42元か。

まあ、台北よりかは安いです。

写真とりながら、香りが凄い。。。

 

 

 

ここらは贈答品かな?

ダンボールのマンゴーが立派で気になります。

香りが凄くてたまらない。。。

 

 

さてドラゴンフルーツです。

凄い色でしょ?

半分食べただけで、口の中が真っ赤になります。

 

きっと抗酸化作用があるのでしょう。

上品な甘みが感じられます。

食べごろであれば、皮に近い部分まで甘さがあります。

 

これはヒットでした。

真ん中の果肉は柔らかく甘い!

皮に近い部分も、甘みがあり真っ赤な果汁がボダボタと。。。

 

やっぱ旅行で果物の購入は止められません。

 

 

 

まとめ

電気街に宿をとったのであれば、第二市場までは近いのでぜひ行きましょう。

小ぶりなマンゴーやドラゴンフルーツが希望であれば、ちょっと離れますが、

「向上市場」がお薦めです。

 

こちらは完全に市場であるため、第二市場よりもかなりお手頃です。

まあせっかくなので、どちらも楽しんでもいいかと思います。

最新の税務記事

2019.07.12二世帯住宅の敷地を相続した場合の小規模宅地の特例

今日の言葉

get irritated:イラつく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です