恒春観光グルメ品華海鮮快炒。磯の風味香る海苔の炒め物が最高!1人ディナーを味わうなら品華海鮮快炒がおすすめ。

2019-2020年末年始の1人旅で訪問したお店の紹介です。

さてこの時の1人旅では、東港、小琉球から恒春に。

 

既に魚介類を食っていたので、せびとも恒春でも海産物を。

その時、気になったまま食べなかったメニューがあり、うずうず。

 

恒春古城西門近くに良さげなお店があり、

夕食の為に入店したら、それがありました。

僕が食べたかったものが。

 

お店の名前は「品華海鮮快炒」。

恒春古城に西門近くにあるお店です。

 

品華海鮮快炒 基本情報

住所は屏東縣恆春鎮中正路214號。

 

恒春古城西門から北門まで続く城壁付近にお店があり、

おそらく恒春訪問時は、誰もが目にするお店かもしれません。

 

↓地図です。

 

 

8月に訪問した時も気になったのですが、

その時は大人数で混み合っており断念。

 

今回は誰も先客がいなかったので、さっそく入店することに。

 

店内は円卓が4台、テーブルが少々ほど。

かなりこじんまりだけど、大人数で来るお店かもしれません。

 

 

 

 

大きな円卓に僕は1人だけ。

もう慣れましたけど、なんだか悪いなあ。。という思いは無くならず。。

 

店主のお子様は小学生のようで、

料理人でお父さんと算数のお勉強をしていました。

 

両親の仕事場で、子供が一緒に生活する、

学校の勉強を、両親が仕事をしながらみている。。

 

日本にもあった光景だったのに、

日本でそんなことしたら、批判されてしまいます。

 

こういう人と人との精神的な距離感が近い光景は、

日本との精神的な豊かさが異なる顕著な部分です。

メニュー オーダー

メニューです。

おお!

おかずは小であっても150元前後!

 

 

 

これは確実に1人前ではないでしょうよ。

でも炒飯は70元。

どうしよう、巨大な量だったら。

 

しかし、初めてのお店では、やっぱし炒飯を食いたい!

炒飯70元です!

 

結構なボリュームで、お茶が軽く2.5杯分くらい。。。

ああ!やっぱり70元(270円くらい)なのに大盛じゃん。

 

しかしいい匂いにやられてガッツリいただくことに。。

 

しっかり油でコーティングされつつ、適度なパラっと感がある、

王道的かつ最高な炒飯。

 

 

恒春半島西海岸の後壁の海産物店も同様でしたが、

恒春は炒飯のレベルが非常に高い!

 

米に油分があるにもかかわらず、こってりとした感じでもなく、

さらっといただくことができる、炒飯好きが最も求めるバランス。

 

葱や卵、ハム等の具材は、米が主役である事を壊さない程度に。

味付けは薄っすら系の塩味+醤油が少々程度ですが、

シャキッとした米全体に味が活き渡り、物足りなさは一切ありません。

 

最低限の具材ですが、火で炒める最高の腕前があれば、

具材に頼らなくても、炒飯って最高の1品になるんですね。

 

そしてずっと食べたかった、海苔の炒め物。

ええ、写真見せて「これ!」と言ったらわかってくれました。

 

 

が、大皿に!一応は小なのですが。。。

 

岩ノリとふんわり卵の中華系の味付の炒め物。

運ばれてくると、磯の香りが漂います。

 

海苔の炒め物って、今までいただいた事はありませんが。

これは旨い!

 

口全体に、海の香りが広がります。

卵との相性が非常によく、白いご飯にピッタリ。

 

 

海苔はトロったした感じがやや出ており、

卵とよく絡んで海苔の旨みを醸しています。

 

しかし、海苔の歯ごたえもしっかりと残っており、

ふんわり卵といただくと、メリハリが増します。

 

塩味はそれ程強くないので、磯の風味はかなり強く口に広がります。

ごはんですよーが苦手な人は、やや懸念するかもしれません。

 

逆にごはんですよーがす好きな人にとっては、

これだけでご飯が何杯もいけます。

 

なお、お酒のおつまみとしても、

最高である事は間違いありません。

 

最高の炒飯と海苔の炒め物に大満足でした。

 

まとめ

今回は恒春の品華海鮮快炒を紹介しました。

 

恒春古城西門そばの品華海鮮快炒は、

炒飯も炒め物も、大満足できるアットホームなお店。

 

炒飯が旨いお店は、他のメニューもはずれがありません。

 

小でも日本人にとっては、大盛に感じますので、

1人で訪問する時は、メニューのオーダーしすぎに注意です。

 

恒春で1人ディナーには、品華海鮮快炒がオススメデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です