ダイエット効果ならロードバイクより普通のジョギングが一番。

試験に合格した30歳以降、ジョギングや筋トレ、ジム、水泳など、

何かしらの運動をするようになり、またそれが日課となりました。

 

昨年滋賀へ転居してからは、ややそのバランスは乱れましたが、

今年の春以降、再び毎日何かしらの運動をしています。

 

先日長年通ったジムは止めましたが、毎日筋トレ、ジョギングのいずれを実践。

ハッキリ言って、このくだらないブログを毎日書くより断然楽チン。

 

そこに今月から、ロードバイクをが加わりました。

自転車関連を調べていると、必ず目にする事が「自転車で痩せる、ダイエット」です。

 

まだ1日の最高走行距離は100キロ程度ですが、

自転車、筋トレ、ジョギング、水泳のどれがダイエット効果があるのか?

 

普段実践している僕の疲労度により、独断と偏見を判断します。

 

 

最も疲労度が高い運動はジョギング

自転車、筋トレ、ジョギング、水泳の内、最も疲労度が高い運動というと、

僕の場合は圧倒的にジョギングです。

 

長距離走るわけではなく、せいぜい長くて10キロ程度ですが、

呼吸しながら45分程度かけて走ると、それなりに疲れがやってきます。

 

筋トレで一時的にかかる強い負荷はジョギングに勝りますが、

ジョギングはその緩やかな負荷が一定時間継続するので、

結果的にジョギングの方が疲労度が高い傾向が。。。

 

 

水泳は始めた当初はかなり疲れましたが、数カ月実践していると慣れてきます。

 

45分程度をかければ、こんなアホな僕でも2000m程は泳げます。(遅い)

ただし、徐々に呼吸が慣れてくるので、息が切れてツライのは最初の500mまで。

 

継続していると、自然にエネルギーを使わない(疲れない)泳ぎになるので、

あまり疲れない事も多かったような気がします。

(ただし、肺活量のアップ、全身の運動にはやはり水泳が向いています。)

 

そしてロードバイクも同様でした。

 

自転車よりジョギングの方が疲れる

僕は途中チョビチョビ休憩したり、景色を楽しんだり、スピードは出さないので、

70キロから100キロ程度の距離を走行するのに、4時間も5時間もかかってしまい。。。

 

自転車は運動は圧倒的にペダリング。

下半身の筋肉を使用するので、その晩や翌日、多少は脚に疲れを感じます。

しかし、筋肉痛って程の感覚はなく、ちょっと重たい程度。

 

走行中は確かに大汗を書いていますが、ジョギングと比較したら、

いわゆる疲労感は、それ程強くありません。

(もちろん、山の様な坂道走行、朝から晩まで走行は別です。)

 

それよりも、100キロ程度のロードバイクの平坦道の走行なら、

10~15キロ程度ジョギングした疲労感の方が断然強い。

 

ロードバイクでダイエットする!

というのであれば、断然普通のジョギングの方が効率がいい事は今でもありません。

 

自転車ダイエットならクロスバイク

自転車といっても種類は複数あり、

僕が使っているのは、ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ。

 

どれが一番疲れるのか?というと、断然タイヤが小さいミニベロです。

草津から長浜まで頑張ってくれたミニベロ。

 

長距離に向ているロードバイクの方が、圧倒的に走るのは楽でした。

しかしミニベロはダイエットには現実的ではありません。

 

自転車ダイエットするなら、まだクロスバイクの方が疲れました。

 

ロードバイクは前傾で多くの筋肉を使うとテキストで目にしましたが、

両方で同じ距離を走ってみると、圧倒的にクロスバイクの方が疲労度が高い。

 

走ってみるまで知りませんでしたが、

カーボンフレームは軽くて走りやすく、スピードもガンガンでます。

 

それだけロードバイクって走りやすいと実感しています。

疲労度で競うならミニベロ>ママチャリ>クロスバイク>ロードバイクです。

やっぱり気軽に走る事が一番

結局の所、ダイエット!という観点では、

気軽にジョギングが最も疲労度が高く、効率が良い方法だと感じます。

何より始めやすいし、毎日継続しやすい。

 

そして地道に筋トレを行って体を引き締める。

ジムに通っていれば、水泳で肺活量を高めて全身運動をしたり。

 

挫折しやすい「日常的に継続的に頑張ろう!」という方法が、

最も効率的にダイエット効果が高いと感じます。

 

ジョギングはシューズさえ購入すれば、気軽に毎日行えます。

筋トレと合わせて行えば、かなり効果が感じられます。

 

結局は、コツコツ積み立てが大切なんですね。

 

運動の大きな効果とメリット

1人で打ち込める運動はやぱっり楽しい。

貧弱な僕でも、運動のメリットを大きく感じます。

 

そのメリットは小難しい事ではなく、食欲、睡眠欲、性欲に大きな影響がある事です。

 

運動すると飯が旨い。

せっかく運動する(した)んだから、体に良いものが食べたくなる。

 

夜は適度な疲労があり、寝つきが良い。

真面目な話ですが、性欲も高まる傾向が。

 

最中の持続性という観点で捉えれば、

運動していなかった時と差が実感できます。(僕は)

 

ただ、運動=ダイエットという感覚はあまりありません。

体重を減らすというよりも、体を引き締めるという考えの方が適正なんだと思います。

まとめ

ダイエット目的で運動をするのなら、ジョギングがいいと思います。

ジョギングは毎日気軽に行えるし、走行距離も楽に調節可能。

 

6キロから7キロ程度であれば、かなり継続しやすいので、

体を引き締める為には、毎日低速ジョギングがおススメです。

 

最新の税務記事

2020.09.26 創業者の帳簿書類の備付は売上台帳・仕入台帳・請求書管理の徹底から。

 

今日の一言

相当疲れます:I’m quite fatigued.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です