琵琶湖は綺麗に!ダサい大人の振る舞いは止めようぜ。

晴天が爽やかな昨日は、

安土を経由して彦根までサイクリング。

 

湖岸のトイレに立ち寄ると、ニュースでも耳にした通り、

大阪、京都ナンバーの車が沢山。

 

県外ナンバーが多い事はGWに限ったわけではありませんが、

早めのお休みの日の方も多いのでしょう。

 

コロナに対する考え方は世代や人によりそれぞれ。

本当の正解はわかりません。

 

琵琶湖へ来るな!とは思いませんが、

美しい自然をわざわざ汚染したいと願い、

ワイワイ楽しくみんなでキャンプやバーベキューをするなんて、

ダサい大人の代表そのもの。

 

琵琶湖は綺麗に使おうぜ。

 

 

 自然を汚す悲しき僕たち私たち

先日、静岡へ行ったというお客様が、

富士山が綺麗とおっしゃっていました。

 

僕は37年間、毎朝、通勤・通勤途中に富士山が見えたので、

富士山に何も感動はありません。

 

増加する登山客、無知な夜間の登山客。

登山者の汚物や食い散らかした残骸が増え、

富士山に登ると、「ただの汚い山日本一の山」

という印象しかありません

 

レジャーを楽しんだり、旅行を楽しむ場合は、

決してその土地を汚さない事が大前提です。

 

バーベキューやキャンプ後の見苦しい琵琶湖。

 

 

 

僕は滋賀県出身ではありませんが、

この滋賀県が大好きです。

 

とにかく、サイクリングするには最適な県です。

 

だからこんな残骸を目にすると、

悲しさで一杯になります。

 

 地元の良さは離れないとわからない

2年前に初めて地元以外の県へ転居しました。

 

生まれてからずっと居住していた土地を離れ、

初めて静岡の良さや暮らしやすさ、恵まれた漁業、

1年を通して温暖な気候は、非常に有難いことを知りました。

 

学生の時に県外の大学へ進学した方は、

地元の良さを知っていたのでしょう。

 

その土地の良さというものは、

離れてみないと実感する事はできないと痛感。

 

一方で、その土地でずっと暮らしている人は、

地元の良さを知っている方々であり、

外部から来た僕なんかより、地元を大切にしています。

 

ずっと滋賀県に住んでいる人からしたら、

楽しく琵琶湖が汚されていく光景は、

悲しさで一杯でしょう。

 

 琵琶湖は綺麗に!

長浜あたりまで行くと、琵琶湖の水は綺麗。

 

草津から大津あたりの水質は綺麗とは思いませんが、

それでも快晴の日の琵琶湖は、

見事な風景は広がります。

 

 

 

この美しさは、滋賀県の方がずっと守ってきた自然です。

キャンプも良し、バーベキューも良し。

 

思う存分楽しんでも、

琵琶湖を景観を損ねるダサい大人の振る舞いは、止めようぜ。

 

 まとめ

トップ画は、昨年の8月のものです。

 

堂々とゴミは放置されている光景に、

その時は驚きを隠せませんでした。

とても大人が行う振舞いとは思えず。。。

 

バーベキューやキャンプを行う人でも、

マナーを守る方は大勢います。

 

琵琶湖は綺麗に楽しもうぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です