滋賀の名店 in 大津 佐知’s Pocket。ほろ苦いキャラメリーゼかき氷はティータイムに最適。

滋賀県へ来て驚いたことの1つに、

お寺や神社内でレベルが高いカフェが併設されている事です。

(米原の青岸寺のカフェなどは最高。)

 

大津の等正寺内にも、しっかりとしたキャラメリーゼを提供するお店が。

お店の名前は佐知’s Pocket。

 

ほろ苦いテキストから逸脱していない、

しっかりとしたキャラメリーゼのお店です。

 

佐知’s Pocket 基本情報

住所は滋賀県大津市小関町7−24。

叶匠壽庵本店から真っすぐ西に向かいます。

 

ここらは歩くと意外と距離はなく、

琵琶湖疏水や三井寺もすぐ側です。

 

 

等正寺内にあります。

ええ!ここなの?っとビックリ。

静岡だと、お寺にカフェがあるなんてこと無かったから。

 

 

 

 

すぐ左にお店があり、ドアを開けて注文します。

僕はお寺内のスペースでかき氷をいただくことに。

 

靴を脱いで境内に上がります。

やや狭いですがオシャレです。

お客は僕だけです。

 

 

 

池が見えて気分も落ち着きます。

大津も良いお店が沢山あるじゃないですか。

 

 

 

 

お店ではキャラメルシフォンケーキをはじめ、

可愛いケーキが沢山は販売されています。

 

これは凄い。美味しそう。

車だったらテイクアウトしたかも。

やばいくらいいい匂い。

 

 

凄い。こんなパウンドケーキ初めてみました。

スゲーじゃん。大津市。

 

凄いお店が沢山あるじゃないですか。

綺麗だし、1つ買おうか迷います。

 

店長さんはきっと、お菓子がとっても好きなんでしょうね。

 

 

 

可愛いし綺麗。

思わず笑みがこぼれます。

 

ガトーセレクト!

いろいろな種類があるんですね。

 

お値段もお手軽なので、手土産にいいかもしれません。

人を幸せにする仕事っていいですね。

 

 

 メニュー オーダー

メニューです。

人気メニューはシフォンケーキですが、

僕はキャラメリーゼのかき氷に。

 

 

キャラメルの匂いがプンプン。

ネットリした氷には、キャラメリーゼがたっぷり。

 

 

 

ややほろ苦いキャラメリーゼは完璧。

甘いキャラメルは、そもそもキャラメリーゼではありません。

 

キャラメリーゼって、素人には高度な技術なんですよね。

鍋でゆっくり加熱して、あの苦味がある味がキャラメリーゼです。

 

 

 

 

このかき氷は、溶けてから美味しい。

溶けてもネットリしたキャラメリーゼにコーティングされており、

ぐちゃっとなりません。

 

まるでキャラメリーゼのシャーベットのようです。

溶けてからが旨い。

こんなかき氷は初めてです。

 

 

 

お上品な午後のティータイムでした。

佐知’s Pocket。ほろ苦いキャラメリーゼかき氷は、

ティータイムに最適です。

 

 まとめ

なし。

後日加筆修正。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です