想像を絶する帯状疱疹。容赦ない電流と鋭利な針が肉体に突き刺さる。

※お知らせ※

6/24より帯状疱疹の猛烈な痛みと対峙しています。

神経痛が酷く、PCのタイピングが痛みに響きます。

 

当面は音声入力をしながら、

このくだらないブログを手抜きします。

 

音声入力は初めてのためのためため、

誤字脱字はお手柔らかにお願いします。

 

帯状疱疹が出現した場所

痛い部分は、右の肩甲骨から右の外側の上腕三頭筋と右脇下にかけてです。

 

帯状疱疹が出現した場所は、

右胸上、右脇、右脇側、右上腕内側、右ひじ付近。

 

痛みの特徴

針で突き刺されるような鋭利な痛みです。

突然、針で容赦なくガンガン刺されるようです。

 

更に針と共に電流を流される感じです。

ライデイン!ってこんな感じなんですね。

 

こんな痛みは初めての経験です。

ああ、こうしている間も、脇下にキーン!と電流が走ります。

 

 服が触れると激痛

服が肌に触れる刺激が激痛です。

何でもない刺激が痛いのです。

 

袖がある服は必然的に脇下が縫い目と接触して、

右脇に激痛が走ります。

 

ノースリーブで過ごしています。

 

 脇毛に触れると激痛

脇毛に触れるだけで痛い!

ただ単に脇毛を触るだけで痛いです。

 

剃ってしまおうかと思いましたが、

痛くて剃る事ができませんでした。

 

 風が触れると激痛

冷房の風に触れるだけで針が突き刺さります。

ライデインが直撃します。

 

医者がエアコンの風が当たらない様に。

とおっっしゃていました。

 

なるほど、そういうことだったんですね。

 

 右腕を動かすと激痛

右腕を動かすと、必ず脇が動きます。

脇の下が擦れます。

 

脇の下に激痛が走ります。

最も激痛が走るのが、脇付近の筋?リンパ?神経部分です。

 

棚の食器を取ろうと右腕を伸ばすと脇が「バキーーン!」

伸ばした腕を元に戻すと今度は脇が触れ合い「バキーーン」

 

どんな動作をしても電流が流れます。

 

 キーボード操作が激痛

キーボードを打つと、必然的に腕が運動します。

脇周辺の皮膚が運動します。

 

文字を打つ度に針が突き刺さります。

時には想像を絶する針が突き刺さり、

思わずうなり声が上がります。

 

 帯状疱疹は想像を絶する痛み

帯状疱疹を患うと、見た目は普通です。

 

至って健康な人間に見え、

ふざけた仮病のように思われます。

 

大げさだねー何て言われます。

 

僕はそれで嫁さんとケンカしました。

安定した給与所得や全てを投げ捨てて、

滋賀県へ嫁ぐんじゃなかったわ!

 

きっと帯状疱疹にならないと、

この痛みはわからないのでしょう。

 

帯状疱疹の人が側にいたら、

暖かく支えてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です