滋賀の名店 in 近江八幡 千成亭。ロードバイクで体力消耗!そんな時は千成亭で贅沢しよう。

ロードバイクで長命寺付近を通る時、

時々、近江八幡の八丁堀付近を走行したくなります。

 

平日の晴れた日は人もいなく、

1人で自転車を横にして、八丁堀で昼寝も楽しい。

 

しかし、ロードバイクは腹が減る。

サイクリングで八丁堀を通りかかったら、

たまには贅沢しましょう。

 

たんぱく質と糖質補給のチャンスです。

普段はまず行かない千成亭です。

 

 

 千成亭 基本情報

滋賀県の方はみんな知っているので、

敢えて住所等は記載しません。

 

八丁堀付近って、自転車で通りかかっても楽しい。

雰囲気があるし、自転車をひきながら家屋を楽しんでもいい。

 

しかし、問題はサイクリング中のランチ。

テイクアウトできる気の利いたお店はありません。

 

だったら、お店でがっつりいただきましょう。

サイクリング中は、必ず走行するルートです。

 

 

あらら立派な外観。

開店時間の11時。

暇な僕だけしかいませんでした。

 

 

メニューは!!!

おお!たっ高い!

これはサイクリング中に気軽に立ち寄るお店ではない。。。

今さら退却するわけにいきません。

 

 

ステーキ重が3,600円のところ3,000円だったので、

迷うことなくステーキ重に。。。

 

しかし、流石有名なお店です。

高い事を知らずに入って正解でした。

 

 実食

静岡から滋賀県へ転居して2年半。

初めてしっかりと近江牛をいただきました。

 

これは!なんて素晴らしい姿でしょう。

サイクリング中にいただくお料理ではありません。

ああ、企業の歯車で頑張って働く嫁さんよ、ごめんなさい。

 

 

 

これが近江牛なのですね。

滋賀県が自慢するだけの価値があります。

 

肉というより、もはやお刺身みたい。

肉の味がしっかりするのに柔らかく溶けていく。

 

 

普段、肉というとほぼ豚肉。

実は牛肉は、あまり好きではなかったのですが、

今まで偽物の牛肉を食べていたのかもしれません。

 

脂が引き締まって柔らかなステーキ。

ちょびっとではなく、満足できる豪快な量です。

 

するっと口と歯に馴染み、お刺身のような柔らかさ。

甘いお肉の味がして感無量。

 

 

 

これが近江牛なのですね。

糖質のたんぱく質の間違いない組み合わせ。

滋賀県が自慢したい気持ちがよくわかりました。

 

ロードバイク中の近江牛重は格別。

滋賀県でサイクリング中、近江八幡に立ち寄った際は、

千成亭で糖質、たんぱく質補給がお薦めです。

 

 まとめ

今日は誰もが知る千成亭を投稿。

マジで美味しかったのです。

 

近江牛をいただく欲望がメラメラと湧いてきます。

ロードバイクで疲れた時でもいいし、

これからがっつり走行する時でもいい。

 

運動するのなら、近江牛で栄養補給がお薦めです。

そして次は、ティ〇ニーへ行きたい欲望は湧いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です