健康で普通の生活の有難さを再認識した1年。普通の生活を送れることが有難い。

今年もあと半月。

やり残した仕事を繰り越す気満々で、

まもなく仕事は(強制的に)お休みを向かえます。

 

今年は6月に帯状疱疹を完全に発症してしまい、

約1週間の間、体の自由が利きませんでした。

また、9月には事故に遭ったり。。

 

体の自由が利かないという恐ろしさは、

学生の時に大病を患った際、わかっていましたが。。

 

約20年も経つので、すっかり忘れてしまっていました。

 

 

 帯状疱疹に苦しんだ1か月間

ここ最近、帯状疱疹後神経痛が軽減してきました。

 

帯状疱疹を患った際、まず避けなくてはいけない事は、

帯状疱疹による、その後の神経痛を患わないこと。

 

僕は当初、あの針で刺す痛みが帯状疱疹だと気付かず、

完全に発症してから抗ウイルス薬を投与。

 

運よく有効に作用し、投与してから丸2日経つと、

真っ赤な皮膚が、みるみる元通りに。。。

 

あれから約半年が経ち、ようやく酷い発疹部分は、

薄いあざ程度にまで目立たなくなりました。

 

しかし、煩わしかったのは、帯状疱疹後神経痛。

 

ジョギングや筋トレ、サイクリング等の運動は全く支障がないものの、

就寝中の右腕の体勢が辛かったり。

 

ようやく最近は気にならなくなりましたが、

普通でいられること=健康でいられることって、

本当に幸せだと実感しました。

 

 年をとるって嫌だなあ

あまり深くは書きませんが、

僕は若い時に、ちょっとした病気になったことが。。。

 

それと比べたら帯状疱疹は軽い部類なのかもしれませんが、

若い頃とは、精神面で大きく異なりました。

 

若い頃は何か事が起こっても、

あまり深く重大なことだと考えませんでした。

 

どうにかなるのだろうと、みんな20歳そこらは、

そんな感じだったのですよね。

 

しかし、今はびっくりするくらい、

深く重大なことだと考える自分がいます。

 

とりあえずこなす仕事はあったのですが、

1週間全くPCを触ることができないという事態に。。。

 

帯状疱疹はフライパンで熱せられた油が、

絶え間なく常に皮膚に直撃するような痛みでした。

(痛み止めは無痛になるわけではない。。)

 

きっと学生の時だったら、

まっいっか!みたいな感じだったのかもしれません。

 

ああ、年をとるって嫌だなあと実感です。

 

 急いで健康診断を受ける

その後、急いで3年ぶりに健康診断を受けました。

帯状疱疹は、体の著しい免疫力の低下だと知ったからです。

 

フリーランスは健康が主体というものの、

健康診断費用が勿体なく、3年間ぶりに人間ドックを。

(嫁の金で75,000円支弁。。。)

 

もしも病気になってしまった場合、

全ての(数くない)仕事を、手放すことになるのですよね。

 

もうHPの更新なんてできませんし。

 

何の為にこのくだらないブログを継続するのかも、

わからなくなって、やめてしまうでしょう。

 

改めて、健康でいることの素晴らしさを実感しました。

来年もまた、脳ドックを含む75,000円の人間ドックを受けます。

 

普通の生活の大切さを再認識した1年でした。

 

 まとめ

コロナで帯状疱疹の方が増えていると言われています。

 

発疹が出来て、翌日直ぐに抗ウイルス薬を投与すると、

全く後も残らず1週間程で改善すると言われます。

 

しかし、それは帯状疱疹とその症状を知っている場合です。

 

僕のように知らなかった場合は、

完全に発症してからの通院になってしまい。。。

 

針で刺す痛みがある発疹があったら注意です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です