人と会う事に特別感なんてない。人と会う事が普通です。

昨日は納税者の要望もあり、

最後の記帳指導を対面式で行いました。

 

今まではPC越しでしたが、

実際に対面すると、確実に相手の温度を感じます。

加えて、微細な仕草が相手の疑問符を僕に伝えます。

 

本当かどうかは定かではありませんが、

「オンラインが日常となった」とよく耳にします。

 

つい一昨日はテレビを見ていたら、

「人に会う事って特別だね」というCMが。。。

 

えっ!何を寝ぼけた事を奨励しているの?

 

オンラインが日常だなんて、冷めたこと言うなよ。

人に会う事が普通でしょ。

 

 

 人に会う事は普通

昨年12月、草津支部の定例会に参加した際、

2年ぶりに意見交換会(いわゆる忘年会)が開催されました。

 

普段であれば参加しませんが、

案内が届いた際、迷わず「参加します。」メールを。

 

当日はちょっとびっくり。

多くの先生方が参加されました。

 

最後に開催された2年前より、

確実に参加者が多かった印象です。

 

お酒の席だけ参加された先生も多数。(僕も)

ええ、そういうことなんですよ。

 

みんな、なんだかんだいって、

人と関わりたくて仕方ない。

 

支部に殆ど知り合いもいない、

こんなネガティブな僕ですら、

迷わず「お酒の席だけ」に参加しましたから。

 

税理士先生は基本みんな真面目だから、

「席を動かない」「お酌しない」というルールが、

見事に秩序されていました。

 

オンラインが日常。

人に会う事が特別。

 

人に会う事は特別感がある。

なーんて冗談じゃないよね。

 

時代に合わせたスローガンをよく目にしますが、

そんな日常は誰も望んでいません。

人に会う事は普通です。

 

最良の方法はその都度考慮すべきだ

そいういう僕も、

日常オンラインを利用しています。

 

昨年実施した個別税務相談は、

ほぼ9割がオンラインです。

 

対面する事も当然ありますが、

自転車で15分で到着する顧問先様でも、

オンラインで済ます事もあります。

 

おそらく大切な事は、

対面であろうと、オンラインであろうと、

その手段が最良の方法なのか、

逐一、鑑みることだと思う。

 

とにかく対面しに会いに行く。では、

単細胞でバカ丸出しだし。

 

面倒だからオンラインでいいじゃん。では、

ただ怠けて横着しているだけです。

 

自分の都合だけを考慮するのではなく、

相手にとって、いかなる方法が最良なのか、

その都度、鑑みるべきだと感じます。

 

コロナ禍でわかった人と会う事の幸せ

10月の緊急事態宣言明け、

飲食店では、友人や同僚と楽しむ姿が。

 

年末年始は、楽しそうな家族連れを、

静岡のホテル等で目にしました。

 

僕の嫁さんはテレワークよりも、

会社へ出勤する方が殆どです。

結局、人と会わずにはいられないんですよね。

 

コロナ禍で人との接触が制限され、

今までの普通の日常がいかに幸福だったのか、

僕も改めて実感しました。

 

人と接触する事が日常の普通だったからこそ、

人に会う事が恋しい。

人と会う事が、普通である紛れもない証拠です。

 

だから人と会う事に、特別感などない。

人と会う事が普通の日常です。

 

 まとめ

記帳指導が原則、オンラインでしたが、

希望により、対面式も可能でした。

 

僕は対面を希望する方は最終回のみ、

対面式で対応しましたが、

もう少し、柔軟に対応すべきでした。

 

対面しないと伝わらなう事、

感じ取る事ができない事もあり、

少しづつ、普通を取り戻していくべきなのでしょう。

 

オンラインが日常だなんて、

変な奨励は要らない。

 

人と会う事が普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。