スマートロックが開かない作動しない!アナログの鍵が有用性に勝る。

洒落た場所でよく見かけるスマートロック。

 

取り付ければ、スマホアプリが鍵となり、

鉄の鍵を取り出す煩わしさが無し。

 

僕が現在契約しているコアワーキングや、

昨年一時的に利用したコアワーキングも、

会員はスマートロックで開閉しています。

 

しかし、スマートロックはとっても不便。

 

なぜなら、鍵が開かない時があるからです。

開かない鍵は、最大の欠陥です。

 

 

 スマートロックは一見便利

スマートロックを初めて知ったのは、

現在利用しているコアワーキングの契約時でした。

 

会員になると、スマホアプリで開閉。

最初はおお!凄い!とビックリ。

 

契約しているコアワーキングは、

基本的に出入りが自由。

常時、経営者はいません。

 

このような状況下で、

不特定多数の人間が出入るするのであれば、

鉄の鍵を配るよりも、

スマホアプリ連動の方が有用です。

 

スマートロックは、ドアノブさえ合えば、

一般家庭でも利用可能。

 

しかし、絶対に使わない方がいいと思います。

 

鍵が開かない問題

2019年4月にコアワーキング契約して以降、

何度か鍵が開かない!

という事態が発生しました。

 

様々な要因が考えられますが、

ドアノブにスマートロックを物理的に取り付けるので、

アプリが作動しないことも十分あり得ます。

 

鍵が開かないと、当然ですが、

建物の中に入る事が出来ません。

 

これが自宅だったら、本当に大変。

鍵が開かない。という事態は、

一番避けなくてはならない状況です。

 

いや、鉄の鍵を持てばいいじゃん。

という話ですが、だったらそもそも、

スマートロックを取り付ける意味がありません。

 

スマートロックは確かに便利。

しかし、鍵が開かない。中に入れない。

 

という事態が1度でも発生したのなら、

鉄の鍵の方が、有用性が勝ります。

 

なんでもスマート化する事も考えものです。

 

 自動で閉まらないこともある

スマートロックは開閉すると、

自動で鍵が閉まります。

 

アプリでも閉めることは可能ですが、

自動で鍵がかかる事がスマートな証拠。

 

しかし、自動で鍵がかからないことも。

 

風が強い日、梅雨時の湿気が多い日は、

度々エラーが発生しています。

 

エラーが発生していると、

ドアノブは開いたままです。

 

自動で鍵がかかっているか確かめて、

開いていたら、鉄の鍵かアプリで閉めればいいじゃん。

 

と思いますが、だったらスマートの意味がありません。

最初から、アナログの鍵を利用すればいいだけです。

 

鍵をかけたつもりが、かかっていなかった!

という事態が発生するのなら、

やはり鉄のアナログの鍵の方が有用性が高い。

 

鍵は物理的に開閉できる鉄の鍵が一番。

 

鍵が作動しない!という事態が1度でも発生したら、

その鍵は何の意味もありません。

 

スマートロックより、アナログの鍵が有用性100%です。

 

 まとめ

スマートロックは、僅かなズレや接触により、

上手く作動しないことがあるようです。

 

また、電池も気にする必要があります。

電池切れだと、当然鍵が開かない。

 

万が一、作動しない場合は、建物の中に入れない。

アナログの鍵が一番です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。