kindleを解約して大黒摩季の月額制ファンクラブに加入。今年はライブに行く。

Amazonのキンドル読み放題を解約しました。

毎回無料お試し → 解除を忘れて継続しつつ解約。

 

時々、利用する事もあるので、

継続しても良かったのですが。

継続できない金銭的事情が。。。

 

2月から大黒摩季の月額870円のファンクラブが販売開始。

これは加入するしかない!

 

キンドルを止めて、

大黒摩季のファンクラブに加入します。

 

 

 

大黒摩季のアルバムの一部です。

永遠の夢に向かっては、

12歳の誕生日に買ってもらった宝物です。

 

大黒摩季が大好き

小学校4年の時からずっと、

大黒摩季のファンです。

 

僕の世代(39歳から45歳あたり)だと、

DA・KA・RA(累積推定売上102万枚)を知っている人が多いでしょう。

 

当時は既に週刊オリコンを購入していたので、

(毎週月曜日はジャンプとオリコンの日)

よく覚えています。

 

少々いやらしい歌詞とセクシーな高音が、

10歳の僕の男の本能を目覚めさせてしまい。。。

 

ファンクラブに加入し、

大学生~会計事務所勤務の時まで、

毎年よく大黒摩季のライブに行ったものです。

 

パワフルで太い声の女性って素敵。

こういう女性なら、いつ襲われてもいいわ!

と、よく1人で妄想していました。

 

ZARDが好きな人は大抵の場合、

大黒摩季も大好き。

 

しかし、2010年の休業時から、

すっかりファン意識が遠ざかっていました。

 

その後の復活ライブや、

新アルバムのリリースも購入せず。。。

 

今でもよく聞く作品は、

休業前の2010年までのリリースが中心です。

 

これは純然たる、

新しいものを取り入れることができない。

といった老化現象です。

 

そこでライブの選考予約獲得のために、

再度ファンクラブに加入することにしました。

 

月額制ファンクラブは840円

以前は入会金+年会費が何万もする、

年間のファンクラブに加入。

 

きっとそれが通常のパターンです。

 

しかし、金銭的な事情もあり、

退会してしまいました。

 

僕のような人にとって、

月額制840円のファンクラブは非常に画期的。

 

流石にエロ動画会員(外貨建て)は退会する気はないけれど、

キンドルくらいなら迷わず解約します。

 

来月1日からさっそく加入予定で、

本当にワクワク感が止まりません。

 

39歳にもなって、ファンクラブに加入。

 

忘れてしまっていたライブの臨場感を、

早く体験したくてうずうずしています。

 

大黒摩季の名盤といえば「O」

大黒摩季の忘れられないアルバムといえば、

2001年12月の「O」。

 

 

 

 

90年代前半のBeing時代はとっくに終了し、

小室ブーム、安室奈美恵、GLAY等のバンドブームも去り。

 

有名なオリコン至上最大の初動対決となった、

浜崎あゆみ(287万枚)と宇多田ヒカル(300万枚)の年です。

 

もはやBeing系アーティストは、

ギリギリB’Z と倉木麻衣が生き残っていた程度。

 

「O」以降のアルバムを知っている人は、

ファンの人くらいだと思いますが。。

 

病気やプライベートで辛かった時、

元気をもらったアルバムは、

絶対に手放せません!

 

大黒摩季のアルバムの中でも、

最もロック調が強い傑作。

 

僕的に最もオススメです。

 

 

 まとめ

最後に大黒摩季のライブに行ったのは、

かれこれ2010年でした。

 

今年は12年ぶりに、先行チケットを取り、

ライブに行く予定です。

1994年にリリースされたアルバムには、

有名なROCKSという曲がある。

 

「女もギンギン立つくらい」という歌詞は、

今でも最高のフレーズだと思う。

 

ライブ自体はもう5年ぶりくらいだから、

何かあった時の為に、

下着を新調しておこうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。