京都の名店 阿嬷豆花店。本格トッピングの美しい豆花は台湾さながら。

出町柳の福到 FUDAO 台湾茶へ行った後、

暑い、とにかく暑い。

 

せっかくの台湾気分のまま、

台湾系のカフェに行きたい。

 

買い物をしながら三条商店街まで歩き、

ずっと行きたかった阿嬷豆花店へ。

 

ようやく訪問すること出来て幸せです。

 

 

 

 

阿嬷豆花店 基本情報

住所京都府京都市中京区三条大宮町273−1。

 

三条商店街っていいですよね。

 

まだ静岡にいた時、相方に会いに滋賀へ行った時は、

よく三条商店街を楽しんでいました。

 

こんなところで、ゆっくりと暮らせたらいいなあと。。。

(暑いし住みにくいし嫌だけど。。)

 

 

 

 

お店にはでっかい豆花とルーローハンの看板。

暑かったから、迷わず豆花でしょう。

 

 

 

あらら、堪らないわね。

 

 

 

店内はすっきり綺麗。

テーブル席が3席にカウンター席4席。

 

 

 

 

僕が訪問した13時過ぎは、僕を含めて3名でした。

平日の昼過ぎは、ゆっくりできそう。。

 

メニューです。

豆花のトッピングは台湾そのもの。

 

 

 

 

全部のせをしたかったのですが、

僕はタピオカが苦手です。

タピオカで余計な炭水化物を摂取したくないから。。

 

 実食

冷たい豆花です。

トッピングは、仙草ゼリー、小豆、緑豆、ピーナッツ。

 

価格は750円。

現地で2.5倍程度のお値段ですが、

日本で味わえるのならいいでしょう。

 

おお!完璧なお姿。

どんぶり一杯に豆花。

いやだわ。失神しそう。。。

 

 

 

 

弾力満載の仙草ゼリーが最高。

この漢方の味がクセになる。

夏場は堪らないよねー。

 

 

 

 

緑豆と豆花のタンパク感溢れる組み合わせもよし。

 

 

 

ピーナッツと小豆もよし。

黄金の豆花の組み合わせに、

まるで台湾の豆花そのものです。

 

 

 

ついついお茶をオーダー。

久しぶりに東方美人に。

 

 

 

 

茶器が白ではなかったのが残念。

美しい東方美人の色がちょっとわかりにくいけど、

甘さい香りが癒されました。

 

 

 

台湾独特の甘い芳香のお茶というと、

東方美人、日月潭紅玉紅茶、高山紅茶、梨山紅茶、

蜜香紅茶、蜜香紅烏龍、紅烏龍。

 

台湾茶というのなら、

これらを置いてあるお店に行くべきでしょう。

 

ああ、ウンカ(害虫)が化学反応を起こした

東方美人は甘い香りでリラックス。

 

最高の食後のデザートをいただきました。

 

 まとめ

今回は、京都の阿嬷豆花店を投稿しました。

豆花といえばここでしょう。

 

できればトッピング無しの、

シンプル豆花があればいいかなあと。

 

豆花のトッピングはやっぱり豆系に限ります。

甘いタンパク感は腹にもたまり、

デザート食ってるぞ。という喜びを感じます。

 

京都で豆花をいただくのなら、

阿嬷豆花店がオススメデス。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。