おいしい広島 鯛亭。鞆の浦で名物の鯛を上品に味わうなら鯛亭がおすすめ。

広島へ行くのなら立ち寄りたい鞆の浦。

鞆の浦といえば鯛。

 

古い町並みでいただく鯛料理は格別。

 

こじんまりとした小さなお店ですが、

鞆の浦で鯛料理をいただくのなら、

他の人気店より鯛亭がおすすめです。

 

 

 

 

こういう店構えにビビっときます。

 

 鯛亭 基本通達

住所は広島県福山市鞆町550−4。

竹原と同様、鞆の浦ものんびりして、

のどかでいい所ですね。

 

 

 

周辺には列ができていた鯛料理のお店が。。。

でも、通りすがりの方が、

ここがいい!というから鯛亭にしました。

 

店内はカウンター席数席、座敷数席で、

かなりこじんまり。

 

開店と同時に入店したら、

次々に人が来たため、店内の写真はありません。

 

小さな料亭という雰囲気のお店です。

 

メニューです。

ああ、ランチにはこのくらいがいい。

 

 

 

 

鯛自慢にしたかったところ、

ご飯は鯛飯ではない。

という事だったので、鯛飯デラックスにしました。

 

 

 実食

あらら綺麗。

こういうの待ってました!

 

独断と偏見で怒られそうですが、

京都でよくみかけるおばんざい(実際はただの煮物のオンパレード)より、

圧倒的に上品でランチに最適。

 

1つ1つの要素が優しくて美味しいのよ。

真ん中のカボチャの味付け、煮込み具合なんて、

涙がでるくらい美味しい。

 

 

 

鯛です。

やや厚めにスライスされています。

 

まずは何もつけずにそのままで。

次はワサビだけで。

そしてワサビ醤油で。

 

鯛の味がしっかりしておいしい。

 

 

 

お吸い物の立ち位置って大切。

 

残念なお吸い物やお味噌汁って、

意外に良く遭遇しました。

 

鯛の切り身がしっかりしています。

鯛のお出しが存分に味わえて、

お吸い物もぬかりがない。

 

 

 

 

 

〆は鯛飯です。

いい匂い。。。

 

 

 

 

米粒1つ1つに鯛がコーティングされています。

鯛のダシをいただいている感じで、

一口一口味わいました。

 

鯛飯には何もいらない。

ただこれだけで美味しい。

 

とても上品な味付けで、

お酒にもよく合いそうです。

 

甘口の日本酒が欲しくなる鯛飯です。

 

 

 

 

店主の威勢の良さ、

ぶっきらぼうな感じが僕は好きです。

 

料理を目にすると、1品1品、

丁寧な仕事をしていると実感できるからです。

 

仕事に対する愛情が感じられます。

口にしたら、言うまでもありません。

 

鞆の浦で鯛料理をいただくのなら、

鯛亭がベストです。

 

 まとめ

今回は鞆の浦の鯛亭を投稿しました。

僕は開店と同時に入店。

 

店内は広くないので、

開店時間前に並ぶのがベストです。

 

上品な鯛の味わいを楽しむのなら、

鯛亭がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。