おいしい広島プリン 喫茶めくる。ハードでトロリン系のプリンは広島プリンの最高峰。粋な広プリンは喫茶めくるで味わえ。

おいしい広島プリンシリーズ。

オレはプリンが好きだ。

 

ゲイにプリン嫌いがいない。

ランチ後のデザートはプリンが最適!

広島プリンで迷ったらまずココ。

 

本川小学校平和資料館で戦争資料を閲覧したら、

喫茶めくるでランチ+プリンです。

 

 

 

しっかり地図で確認しないと見落とします。

 

 喫茶めくる 基本通達

住所は広島県広島市中区十日市町1丁目6−29。

本川小学校平和資料館の側です。

 

周辺には感じが良い喫茶が点在しており、

どこに行こうか迷ってしまいます。

 

電車には乗らず、ガンガン歩くのが旅の鉄則です。

 

 

 

店内は割と広く、テーブル席とカウンター席。

12時前に訪問し、やや混み合っていました。

 

 

 

 

僕以外はみな女性でした。

残念!

 

旅行先のカフェの楽しみの1つである、

メンズウォッチングができません!

 

女性客が多いということは、

メニューも腹八分の量のはず。

 

おやつメニューです。

目的はプリンです。

 

しかし、ランチ時なのでランチもオーダー。

当然プリンをデザートにつけます。

 

 

 

手書きのメニューって素敵です。

メニューはアナログが正解です。

 

実食

ランチのカレーです。

あら、いいわね。

 

 

 

 

旅行していると、食事が偏るから、

こういうプレートが食べたくなります。

 

おいしいものをちょっとずつ。

勘違いするな!

それは女の特権ではない!

 

カレーはとっても美味しい。

スパイスカレーにも勝る旨みがあります。

 

 

 

 

むしろ、小鉢は無くして、

カレー1皿だけで勝負した方がいい。

 

お目当てのプリンです。

ああ、なんて完璧なスタイル。

これぞザ・プリン。

 

 

 

 

星のクッキー。

サクランボ。

ホイップ。

 

わかっているよね!

側面が美しい!

 

 

 

 

プリンには、サクランボとホイップは必須。

そこでクッキーをもってくるところが粋です。

 

星のクッキーは意外にしっかりクッキー。

クッキー単体でも満足できる。

 

 

 

 

クッキーにプリンをつけて、

ホイップクリームと食べてもよし!

 

このプリンは、いわゆるハード系です。

しかし、柔らかでトロンとしている。

 

 

 

 

プリンの悪道とも言える、トロトロ系ではない。

ハード系プリンの食感を維持しつつ、

カスタードがトロリンとした感じです。

 

故に、卵のおいしさと、

カスタードのトロっとした旨みを味わえる。

 

決してジュクジュクしたトロリンではないから、

終わりまで卵の満足感を味わえる。

 

かなり僕の好みのプリンです。

 

そこそこの大きさもあり、

スプーンですくった時の、

プリン独特の匂いも芳しく香ります。

 

プリンの大切なキャラメリーゼも、

ほんわりとほろ苦い。。

 

 

 

ああ、毎日行きたいくらいです。

これはゲイにはたまらないプリン。

 

魂が昇天した美味しさでした。

 

 まとめ

今回は広島の喫茶 めくるを投稿しました。

とにかくプリンがいい!

 

ハード系トロリンプリンは、

プリンの最高峰です。

 

スポットレスとは正にこういうことです。

広島プリンは、まず喫茶めくるへ訪問するが正解です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。