おいしい滋賀 in 長浜 炭火焼うなぎ料理 ざいもん湖吟。滋賀鰻№1はざいもん湖吟。カリッと香ばしくもふっくら鰻は滋賀で№1。

東海の鰻はふっくら。

関西の香ばしくしっとり。

 

その中間を併せ持つ鰻が長浜に。

炭火焼うなぎ料理 ざいもん湖吟へ2度目の訪問です。

 

 

 

 

炭火焼うなぎ料理 ざいもん湖吟 基本通達

住所は滋賀県長浜市朝日町6−26。

駅方徒歩10分、つるやパン長浜支店のすぐ側です。

 

 

日曜のランチに訪問。

開店時間の11時30分に訪問!ではダメです。

 

この日は11時前に訪問し、

運よくギリギリ予約できました。

(実は諦めていましたが、ダメもとで。。)

僕らでランチは満席に。。。

 

いただいたいる最中、

かなりの方が訪問して「満席ですか?」と。。。。

 

必ず前日まで予約が必要です。

店内はテーブル席2席、座敷2席、カウンター席3席。

 

広くないので、予約が必須です。

 

 

 

 

しかし、広々して落ち着いた店内は、

本当に居心地がよい。

 

価格はそこまで高くありません。

鰻としては、かなりお手頃です。

 

 

 

 

ああ、白焼きも久しぶりに食べたいかも。。。

 

 

 実食

鰻(上)4,000円です。

あらら、肝吸いに小鉢、出し巻卵が嬉しい。

ああ!なんて美しい光景なのかしら。

 

 

 

 

こちらの鰻はカットされています。

こういう鰻重ははじめて。

 

 

 

 

キラキラ感が素晴らしい。

これは精力ギンギンで、

晩の情事は2度はいけます。

 

上は鰻9切れ。

この残りの3切れは、ご飯の底に埋まっています。

そして一口食べてびっくり。

 

香ばしいカリっとした感じは関西の鰻そのもの。

しかし、ふっくらした焼き加減は、

京都や滋賀で食べた今までの鰻とは異なる。

 

 

 

 

最初に食べた時は衝撃でした。

やはりざいもん湖吟は名店!

人が沢山訪問する理由がわかります。

 

ご飯は少なめ、タレの甘さも控えめ。

ここは関西の鰻重の特徴のままです。

 

ふっくら香ばしい鰻に蛇足は不要。

カリッ香ばしい焼き加減は、

ふっくら鰻の旨みと甘さを逃がさない。

 

口に含むと、鰻独特のタンパク感が堪らない。

ご飯を進めていくと、下に鰻が3切れ。

 

 

 

 

これが意外にいい!

鰻と飯が一体になった美味しさを味わえる。

タレの甘さが控えめな理由はここです。

 

しめはだし巻き卵です。

 

 

 

ああ!こんなにおいしいなら、

ワサビ醤油で食べる白焼きもいいかも。

 

今まで地元の静岡でも鰻をかなり食ってきましたが、

ざいもん湖吟は、僕の鰻人生のなかでも、

№1かもしれない。

 

滋賀で鰻を食べるなら、ちょっと遠いけど、

ざいもん湖吟が№1です。

 

 まとめ

今回は長浜のざいもん湖吟を投稿しました。

前回はコロナが酷かった時期に訪問。

 

半年ぶりに訪問したら、

すっかり人が戻っていて安心。

 

一品料理もきっとハイレベルなのでしょう。

 

大津にも鰻に有名店が何件がありますが、

滋賀県の鰻はざいもん湖吟が№1です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。