ゲイ的税理士生活。相方にマイナポイント20,000円分を取得させたい。そしてオレが使いたい。

先日、忘却していたマイナポイントの受取申請をしました。

マイナポイントの原始は、純然たる税金。

 

納税額が著しく少ない僕ですが、

税金が原始のポイントをいただきました。

人の行為は進んで受け取るタイプです。

 

しかし。

相方がマイナポイントに無頓着です。

 

どうにかして相方にマイナポイントを貰わせたいんだ!

(そしてそれをオレが使いたい。)

 

 

 

 

サイクリング中に遭遇する比叡山に並ぶ曇が好きです。

 

マイナポイントを素直に貰います

昨年マイナポイント5,000円もらいました。

今回も7,500円×2回分を申請。

 

平和堂の電子マネー受け取りにしているので、

平和堂で使います。

 

せっかくだから、お菓子を買う予定。

チョコパイ、バームロール、サラバンド、ルマンド、

アーモンドチョコレート、ムーンライト、オレオなど。

 

普段買わない輸入菓子の、

マカダミアナッツチョコレートも捨てがたい。

 

大好きなお菓子をワンサカワンサカ購入する予定。

 

確かにさ、僕は税金負担よりも、

その恩恵の享受の方が上回るよ。

 

でもさ、くれるっていうんだから、

貰ってもいいじゃない。

 

当初の論点から大きくズレてしまった、

ふるさと納税と何が違うのさ。

 

しかし、相方が一向にマイナンバーカードを作らない。

 

今月までに申請すれば、20,000円分もらえるのに、

一向に作成しようとしない。。。

 

オレ「なんで作らないのさ!」

相方「そんなはした金要らない。」

相方「写真とって。送って。受け取って。スマホ申請して。

   あー、その時間がムダムダ。ムダなんだよ。」

 

相方「非生産的な不労所得は、人間感謝の気持ちないからねー。」

相方「君みたいなさ、貰えばワーって使っちゃ人とかさ。」

相方「税理士のくせにもっとちゃんとしろよ。」

 

そこで相方のマイナポイントをいただくため、

マイナンバーカード申請書を勝手に取り寄せました。

 

マイナンバーカード作成で5,000円申請は間に合わないので、

7,500円×2回分を強制的に申請させます。

 

マイナポイントを取得させる作戦

オレ相方は、外部に「申請」という行為を大いに嫌う。

 

公正証書作成のための戸籍謄本交付も、

オレがお願いしてから7日間経て、

ようやく取り寄せしてくれました。

 

だからどうでもいいマイナポイントなんて、

全く範疇にないらしい。

 

その面倒な作業をする時間が勿体無い。

と感じる人間のようです。

 

オレからすれば、たかだか数十分のことなのに。。。

嫌がる人間はその申請行為そのものが嫌いなんですよね。

 

でもさ、20,000円分貰ったら、

オレと一緒に美味しいものいただけるじゃない。

 

だからカードが届いたら、

オレが申請してあげようと思います。

 

あとの難関は証明写真。

来週一緒に出掛ける用事がるので、

ついでにカメラ屋さんに突然立ち寄る予定です。

 

いつも近鉄とかで買ってくる嫌味な奴だから、

高価な果物でも買わせてやろうと思います。

 

目下、欲しているものは栗です。

 

 まとめ

マイナポイントを悪くいう方もいますが、

いいじゃない、くれるっていうんだから。

ありがとうございます。と素直にいただきます。

マイポータルにログインして、

自分の年金記録等を初めてみました。

 

確かに非常に便利だと思います。

 

将来は医療費控除に使えることのなるのだから、

僕は利便性が高いと感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。