台湾旅行記 台東 小李子麺店 紅焼排骨面&米苔目。とろける排骨と麺が絡む。

朝から夕方まで鹿野、関山へ行き、台東に戻りマッサージへ行くと、

すっかりディナーの時間になりました。

やっぱりローカル感溢れるお店で夕食はとりたいですよね。

 

【訪問日2018.12.30】

台東グルメというと、米苔目(米粉の麺)を思いつきます。

有名店にはいつも長蛇の列が。

前回までの米苔目のお店の記事です。

→ 台湾 台東観光グルメ名店。再訪。老東台米台目

→ 台湾 台東の有名な米台目(米粉の麺)の名店

 

今回は、台東の飲食店街で賑わいがある付近で夕食。

そこで米台目のお店へ。

お店の名前は「小李子麺店 紅焼排骨面&米苔目」です。

↓名刺です。

小李子紅焼排骨面&米苔目

小李子麺店 紅焼排骨面&米苔目

小李子紅焼排骨面&米苔目 基本情報

住所は台東市福建路189號。

↓地図です。

周囲は地元の方でいっぱいのお店が沢山!

どこも美味しそうで迷います。

お店は以前紹介した「王子麺店」に角向かえです。

→ 台湾 台東観光グルメ名店。王子麺店。ローカル感たっぷりの意麺を喰らう。

 

外観です。

ここら周辺は細い通りですが、ローカル感たっぷりのお店が並び、

夜になるとその賑やかさがいい感じです。

 

店頭でテイク用の湯気が立っています。

狭い道路の路地中のため、台湾らしい雰囲気です。

花蓮も同様ですが、台北と異なり、高いコンクリートビルが少ない分、

日本の夜の街とは異なる、台湾らしさを感じます。

外観

メニュー

メニューです。

店頭で用紙とペンを貰い、先払いをします。

日本は通じません。

若いお兄さんは、少し英語を話せました。

さて、ここは欲張らず「小」でいきましょうね!!!

小李子麺店 メニュー

なかなかお手頃なお値段だと思います。

オーダー

オーダーです。すべて乾麺です。

ちょっと多かったかなあ?

紅焼排骨面

これはオーダーでしょ!

紅焼排骨面

絶対旨いよね。

あっ、麺が平たい!

これは肉と麺が絡み合う。

紅焼排骨面 アップ

肉がトロッとほぐれます。

時々、お肉が堅くなってしまっているお店がありますが、

柔らかく麺と一緒に食す事ができます。

適度な脂分とあっさりした味つけがいい。

馄饨麺

ワンタンと肉、麺が絡み合う。

強すぎない味が、ワンタンそのものの餡の旨さを邪魔しません。

馄饨麺

ワンタンがぷりっとしていて食欲をそそります。

馄饨麺 アップ

忘れてはいけませんが、麺もつるっとしていて旨いです。

そしてお腹にたまります。

米粉

この乾麺の肉の汁旨いです。

やみつきになる。

米粉

 

ビーフンも台湾料理で食べたい1つです。

この日は贅沢にもオーダーしました。

米台とは味や食感が違うため、全く違う料理です。

米粉 アップ

青菜

今までの店とは少し違い、葉の部分が多い青菜です。

青菜

食べて気づきますが、少し抹茶のような味がしました。

汁も結構、緑色に。

抹茶たっだのかな?

わかりませんが、こちらもガーリックと塩味が、

程よく聞いていて旨いです。

青菜

青菜って、キラキラしていて青々していて、

食卓には欠かせないと思います。

まとめ

小李子麺店は食事時に伺いましたが、かなり混雑。

しかし、結構回転が速く、それ程待ちません。

1人で来ている人はいなく、みんな3人から4人程で食事していました。

男性も女性も紅焼排骨面をがっつり食べている人が沢山!

 

周辺には、餃子や海鮮、台湾料理のお店がいくつかあり、

どのお店も楽しめそうです。

食事には、いい通りだと思います。

 

システムがちょっとわからない、混み合うと聞きにくいのであれば、

開店と同時に入店して、落ち着いてオーダーしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です