手本や指針を示す立場の人間の行動は重たい。まず自分がお手本になろう。

先週は、半日かけて自分の記帳はガッツリ完成。

 

売上と源泉所得税の集計は毎月行っているので、行ったことは、

通帳と現金のエクセル入力と連動、クレジットカード1年分の連動処理です。

(クレジットカードは1年間一度も連動していません。)

 

ここ数週間、宴会等に参加して批判を浴びるニュースが、毎日のように発覚しており、

リーダーや指針を示す立場の人たちの、目下の行動の重要性を強く感じます。

 

そして同時に、自分自身も今更1年分まとめて経理を行ったことに、

自分の立場として不適切だったことを反省しています。

 

 

 

 手本を示す立場の人間の行動は重い

年末年始は29日から3日まで、長浜や彦根に宿泊しようと思いましたが、

早々と予定を変更し、自宅付近にいることに。

 

宿泊や小旅行をするのなら、やっぱり平日の方が気楽でいい。という本音が1つ。

そしてやはり、今の状況を鑑みると、心から楽しめないからです。

 

自分の中で旅行に行く場合のルールは、旅行中は思う存分楽しむ事です。

年末年始に思う存分可能か?というと、Yesとは言えません。

 

経済政策の懸念もありますが、今はそういう時ではないと、

旅行大好きな僕ですら思えます。

 

しかし、ここ2週間ほどは、しばしばお手本を示す立場の方の宴会報道が。

職業にかかわらず、宴会に参加するしないは個人の自由で、責めるべき事ではありません。

 

ただ、お手本を示す立場の人の行動次第で、従属する人の行動に強く影響する。

という事は、一般の会社組織を眺めても明らかです。

 

リーダー格の立場の人間が、もっと上手く行動し誘導する方法もあったのでしょう。

と、偉そうな事を考えていたら、自分の同様だと悟ります。

 

 手本を示す自分は全く記帳していない

自分の記帳や請求書の発行は、MFクラウドを利用しています。

 

請求書を発行や新規の方、顧問先、相談者はMFを使用するので、

当然MFの画面はしばしば開きます。

 

「未連動500件」と赤く表示されている事も知っています。

しかし、売上と源泉所得税だけ確実に管理して、通帳と突合していれば、後は年に1回でいいじゃん。

という思慮が僕の中で9割を占めていました。

 

「定期的にコツコツ記帳をすることが大切です。」

「日々記帳する事が、確実な収支の把握や節税に繋がります。」

 

と偉そうな事を言いながら、自分自身は全く記帳していないとは、

僕も宴会に参加してしまう事と同様だったのかもしれません。

 

 

 指針を示すならお手本を示す

確かに人間には本音と建て前があり、誰しも完璧ではないでしょう。

 

会社員の時に担当していた医療法人のお医者さんは、

「適度な運動?だるいじゃん」

「炭酸飲料や菓子パン?だって確実に美味しいじゃん。」

 

「毎日飲酒?人生の楽しみでしょ?」

「いいじゃん、好きな物をガンガン食おうぜ。」

と、医者にも本音がある事を知りました。

 

しかし、ある程度の指針を示すのであれば、発信する立場の人間が「やなこったい」なら、

誰も従ったり、やってみようなどとは思わないでしょう。

 

勿論、無理のない範囲で行う必要がありますが、

自分が誰かに指導や指針を示すのであれば、

まずは自分がお手本を示す必要があるのかもしれません。

 

来年は心を入れ替え、しっかり記帳をしていきます。

 

 まとめ

今年の年末年始はロードバイクに乗りつつ、

web関連を調整したり、ゆっくり料理をする予定です。

 

ええ、どうせ滋賀県を楽しむのなら、

年末年始の混み合う時より、平日の方が静かでゆっくりできます。

 

昨年の12月27日は、ちょうど台湾の東港から小琉球島へ向かってました。

その時の為に、今は我慢の時です。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です