屏東観光グルメ暁楽天。東港は麺や酸辣湯も美味しい。暁楽天の酸辣湯は具材たっぷり。

2019.08の1人旅で訪問した東港です。

2019-2020年の年末年始とは違い、

この時の東港滞在は1日だけ。

 

純粋に東港だけを観光して、

その後は恒春へ向かいました。

 

昼は華僑市場で魚を堪能したため、

夜は地元で人気のお店に行きたくなります。

 

そこで宿の人にいくつか地元民が行くお店うかがい、

一番近いお店を教えてもらいました。

 

お店の名前は「暁楽天」です。

東港のメイン通り、有名なカラスミのお店の側にあります。

 

↓外観です。

 

 

 

暁楽天 基本情報

住所は屏東縣東港鎮中山路11號。

川沿いの光復路には、地元で人気のお店が連なります。

 

絶品のカラスミのお店もそばにあり、

華僑市場で購入するよりもオススメデス。

 

↓地図です。

 

 

 

お店の入り口にはメニューの看板が。

台湾らしいメニューが並んでいます。

 

牛肉麺は120元ですが、

通常のワンタン麺などは60元前後でフレンドリー。

 

酸辣餃子100元も気になります。

 

 

 

 

店内はテーブルが10席くらい。

僕は17時過ぎに入店し、殆どの方がテイクアウトされていました。

 

食べ終わる頃にはドンドン混み合いだしました。

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

水餃子は最低でも10粒からのオーダーなので、

仕方ないから諦めました。

 

10粒でも50元なのでお手頃です。

酸辣餃子が気になりましたが、

1人なのでここは諦めました。

 

 

 

 

搾菜肉乾麺です。

お肉たっぷりのワンタンが4つトッピング、

そして砕かれ味付けされたお肉が、

トッピングされています。

 

レタスの緑色も鮮やかで、見た目も美しい。

これは絶対に美味しいはずです。

 

 

 

 

 

ワンタンの画像はありませんが、

肉肉しいワンタンで、かなり食べ応えがありました。

 

そして乾麺は底に溜まった汁を混ぜ合わせます。

お決まりの醤油・中華系の汁でしたが、

温かい麺とよく合います。

 

レタスがシャキシャキしていて、

乾麺にレタスってなかなかよく合います。

 

ワンタンと砕かれた肉、汁、レタスが麺に混ざり合い、

絶妙な麺でした。

 

 

 

 

 

そして酸辣湯です。

ええ、これは最高に旨かった酸辣湯。

 

35元という値段ですが、

お皿一杯。

そして具材も一杯。

 

スープというよりも、

もはや立派なおかずです。

 

ピリッとした胡椒がよく効いており、

酸辣湯独特の酢の香りと風味が心地よい。

 

 

 

 

こんな酸辣湯は初めて。

具材がたっぷりで、爽やかな酢の味が食欲をそそります。

 

長期の旅行では、疲れて食事が面倒な時がありますが、

そんな時、酸辣湯の酢の風味が食欲を復活させます。

 

 

多めの具材が酢によく絡み、

非常に濃厚で贅沢な酸辣湯でした。

まとめ

18時を超えると、暁楽天は混み合っていました。

味は絶品なので、混み合う理由もわかります。

 

餃子はいただきませんでしたが、

期待ができそうです。

 

暁楽天周辺には、人気のお店も沢山あります。

観光向けのお店ではありませんが、

やはり地元の人に聞いたお店は、

ハズレがありません。

 

東港での麺類・酸辣湯なら、

暁楽天がオススメデス。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です