屏東観光グルメ老李麵店。潮州のとっておきの麺と米の名店といえば老李麵店!

2019年11月末訪問時のお店の紹介です。

30度近い暑い平日、僕は1人潮州へ。

 

投稿済の牛肉福へ行く前に、ちょっと小腹が空いて、

軽いランチをしていました。

 

台湾でよく見かけるローカル店ですが、

潮州では今のところ、僕が一番美味しいと感じたお店です。

 

お店の名前は「老李麵店」

びっくりしたライスボールは、最高の一品。

 

お気に入りのメニューなので、今回は投稿していません。

麺のみの紹介です。

 

老李麵店 基本情報

住所は屏東縣潮州鎮中山路4巷6號920。

↓地図です。

 

潮州は美味しいお店が密集しています。

大通りから適当に路地に入って、自分好みのお店を探しましょう。

 

 

店内はザ・台湾食堂です。

無造作に並んだテーブルと椅子が1人旅にはちょうどいい。

 

 

ええ、日常でも僕はこのくらいの方が落ち着きます。

店内では女性2人の店員さんが、お喋りしながら楽しそう。。

 

どこに座ればいいのか迷ってしまい、そんな僕をみてニコニコしてました。

店員さん同士も、仲が良く笑顔な飲食店のほうがいいね。

 

メニュー

メニューです。

メニュー用紙がなかったので、これとあれ!と指さしました。

なお、ここの名物はライスボール!

 

 

※名前がわからなかったので、僕が勝手にライスボールと呼んでいます。

 

これが超うまくて、今の所潮州、いや恒春や墾丁を除く屏東県では、

僕は一番うまいと感じた逸品。

 

なので、ライスボールは紹介しません。

ぜひ屏東へ行き、潮州まで足を運びましょう。

 

ライスボールと一緒にオーダーしたのは麺類。

台湾特有の肉つみれの麺で、スープはあんかけ風のトロミがります。

 

 

 

 

少量でもスープまでいただくと、あんかけ効果がありガッツリ腹に溜まります。

 

麺は平たくやや縮れており、細麺よりも太目の麺が好きな僕にはぴったり。

 

きしめん程ではありませんが、トロミがあるスープの麺類は、

平たい麺の方がよく絡みます。

 

 

 

それ程大きな器ではありませんが、

大体の人は、麺類とライスボールをオーダーするようです。

 

2つオーダーすれば、贅沢な炭水化物のランチに。

 

旅行中でこれから潮州をガンガン歩くのであれば、

これくらいの糖質はガンガン接種すべきです。

 

僕はあまり肉つみれが好きではないのですが、

こちらのお店のつみれはやや小ぶりで食べやすい。

 

 

でもスープにダシがよく効いており、お肉の美味しさを十分感じます。

 

あっさりとしたトロミがあるスープは、しつこさがなく、

鰹節が効いた薄口のダシのようなお味です。

+やや塩味とお肉のダシが効いています。

 

あっさりとした麺、そしてガッツリ絶品のライスボールを

いただきたいのであれば、老李麵店がおすすめです。

 

今回は老李麵店を紹介しました。

潮州は名前があがらない多くのグルメの名店があります。

 

まとめ

今回は老李麵店を紹介しました。

潮州は名前があがらない多くのグルメの名店があります。

 

どの店も個性があり、1日ではなかなかその深みを感じきれません。

その中でも、気軽に入れる老李麵店はおすすめです。

 

僕が勝手に呼ぶライスボールは絶品。

潮州でランチをするなら、老李麵店がおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です