台湾 台南観光グルメ。友愛市場の粽屋さん。市場で味わう非日常が貴重な経験です。

台南グルメの紹介です。

以前も書きましたが、台南に行くと粽を食べます。
美味しいお店が沢山あり、どこの茹で粽です。

ホコホコではなく、モチモチしており、
台南観光では欠かせません。

さて、今回は友愛市場で食べた粽のお店です。

たまたま通りかかって見つけました。
以外にもかなりのレベルのお味で記載しておきます。

お店の名前はわすれました。
友愛市場に行けばすぐわかります。

友愛市場 粽屋さんの外観

外観です。

昼過ぎだったため、市場自体は終わってました。
しかし、飲食店はやってました。

 

いいですよね。

台湾のこういった市場の中の飲食店での食事は、
非常にローカル感を楽しめます。

おいしいお店も多く、値段も安いです。

鶏や豚がそのまま吊るされているところで食事をしていると、
台湾旅行が大いに味わえます。

魚、鶏、豚などの臓器のにおい。
果物や野菜、菓子。

それらと人の交じり合った匂い。
特に、その匂いで生きている人の生活が感じられますよね。

人のエネルギーを感じます。

少なくとも、僕の日常では味わえない貴重な事です。

市場に行く、市場で買い物し、食事をすることが、
台湾旅行の大きな目的や楽しみです。

花蓮や台東の市場で食べるのには、少し勇気がいることがあります。
(ちょっとローカル感が強すぎるところがあります)

しかし、台南のこの友愛市場はそんなことありません。
みてわかる通り、とっても開放的ですよね。

おっちゃんは、とても親切に迎えてくれました。

友愛市場 基本情報

↓ 地図です。中心部のため、訪問しやすいかと思います。

市場の外観です。

比較的入りやすいです。

友愛市場 外観

友愛市場 外観

メニュー

オーダーしたのは粽です。

台南 友愛市場 粽

それほど大きくありませんが、お腹には効きます。
ナッツの粉、パクチーとネギの薬味、そしてタレがアクセント。

粽の中身もシンプルです。

栗やホタテなど豪華なものが入ってる粽も好きですが、
シンプルだからこそ粽のよさがわかります。

この時は、豪華系粽をよく食べていました。

しかし、偶然通りかかったこの友愛市場のお店の粽に、
改めてシンプルが故にわかる粽のおいしさに気付きました。

比較的甘さが控えめのタレでした。

なので、ナッツの粉がいいアクセントになっています。

まとめ

台南ではありませんが、花蓮の重慶市場です。

花蓮 重慶市場2

 

 

市場は楽しいです。

台湾旅行の際には、ぜひいろんな市場に行きましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です