予定調和は望まない。アレコレ考えるより、取りあえずやってみる!

新規設立された法人さんと打ち合わせをしている最中、

「取りあえずやってみようで始めたもので。。」という一言がありました。

 

個人・法人問わず、事業を始めたばかりの方の帳面や書類の整備は、

アナログ派やオンライン派に関わらず、グシャっとしている傾向が。。。

 

「取りあえず始める。取りあえずやってみよう。」

僕はこのフレーズが大好き。

 

僕自身も、基本的にはアレコレ考えるより、取りあえずやってみる派です。

面倒な事を考えるより、「好きです、付き合ってください」を突然路上で言う派です。

 

ごちゃごちゃ難しい事を考えるよりも、行き当たりばったりでも、

取りあえず行動にしてみる事は、予定調和を望む人間よりも圧倒的に魅力的です。

 

新しい事を始めるときは2パターン

何か新しい事を始める時は、大抵2パターンの思考があるよう。

 

・入念な準備、シミュレーションをして始める人

・取りあえずやってみよう派の人

 

何かを始めた場合、多かれ少なかれ、やがて困難な事や迷いが到来。

後者の方の場合は、「その時になったら考えればいいじゃん。」という人が多い傾向が。

 

新しい事を始める場合、入念な準備をした人の方が、

しっかり考えて、様々な状況にも対応できそうな感じがします。

入念な準備をした人の方が、圧倒的に優れていて、立派である事は間違いない。

 

でも僕個人的には、

「アレコレ考えるんだったら、取りあえずやってみよう」

と思える人間性の方が、圧倒的に魅力的に感じます。

 

税理士のくせに、ぜんぜんリスク管理できてないじゃんなんですが、

準備していざせスタート!では、性欲が減退する年齢になってしまいます。

 

新しい事を始めるのであれば、「何かあったらその時はその時!」

といった軽いタッチの方が、新しく一歩を踏み出すことに億劫になりません。

 

予定調和はつまらない

子供の時、RPGをやっていると、必ずと言っていいほど、

攻略本等を参考にしたり、友人に攻略法を聞きながら進める人がいました。

 

隈なくお宝を獲得したり、到達レベルを参考にしたり、

十分なレベルを上げて、中間ボスに挑んだりなどなど。

 

そんなんで楽しいの?ぜんぜん自分の冒険の書じゃないじゃんよ。

予定調和を好む人間は、どんな集団の中にも、必ず存在するものです。

 

どんどん冒険を進めるよりも、堅実に進める友人が多かったことは事実。

 

実社会でも、職場でも、そういったタイプの人間は必ずいます。

予定調和を好む=失敗したくない人です。

 

リスク管理に優れた人である事は間違いなく、

一緒に仕事をする上では、重宝されて必ず必要とされる素晴らしい人材。

 

しかし、それが人生というステージに置き換わった時、

予定調和を好む人生であったら、僕はツマンナイ人間だなーと思います。

 

確かに、堅実に予定したスケジュール通り進む楽しみだってあります。

安定性があれば、人生がより豊かになるのかも。

でもそれでは、せっかく新しい事を始めても、精神的な勢いがのってきません。

 

最初からガチガチなリスク管理に徹底されたチャレンジなんて、

僕は楽しいそうだなんて感じません。

 

行き当たりばったりくらいが丁度いい

何かを新しく始める時には、行き当たりばったりくらいが丁度いいと思います。

 

社会人であれば、おそらく多くの人が悟っていますが、

アレコレ考えたって、大抵はロクなことがありません。

 

僕自身は、「取りあえず転居して開業してみよう。」と思う事ができず、

5年間もアレコレ考えていました。

そしてやっぱり、その5年間はロクな事がありませんでした。

 

全く何も考えず、何も準備をしないまま開業した後の僕の悲劇は、

このブログに綴っている通り。

 

取りあえずやってみた後には、当然ながら、行き当たりばったりで行き詰ったり、

たった1年半なのに、困難に直面してしまいました。

 

ただ、その悩みの解決方法は非常にシンプル。

困難に直面したその都度、対処していけばいいだけの事だと知りました。

 

解消しない深い悩みがあったら、自分の好きな方法で発散するか、

悩みながらもトコトン向き合ったり、自分のやり方を信じたり。

 

「取りあえず始めてみよう」というフレーズが美しく感じる理由は、

最初の1歩を踏み出せるかどうかに依存しているように思えます。

 

大抵の人は、その一歩を踏み出さないとも。

踏み出しても、最初から予定調和ありきで踏み出す人も。

 

「取りあえずやってみた」系の人間は、所々危なっかしい部分がありますが、

話をしていると、雰囲気の抑揚が著しく豊かです。

 

何かを新しい事を始めるのなら、準備は程々にして予定調和は望まない。

取りあえずやってみる人間の方が丁度いいのかもしれません。

まとめ

取りあえずやってみる心意気のその時は、

大抵の場合、既に心の準備ができている時。

 

だから僕も、心の準備ができていたはずだったのですが、

税理士業よりも割がよい求人やアルバイを見ると、心が揺さぶられます。

 

いつか取りあえずサラリーマンに戻ってみようという事態が到来する事に、

ビクビクしながらもワクワク感が隠せない自分が居ます。

最新の税務記事

2020.09.13  2以上の業務を営む場合の青色申告承認申請書の取り扱い

 

今日の一言

これが私の生きる道:definitely right path for me 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です